F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【無線ハイライト】久々にレースを楽しんだバトン、心からの「悪くないよ!」

2016年7月6日

「チェッカーフラッグ。P5。5位だ。本当によくやったよ」
「フゥ〜〜〜! みんな、ありがとう。ポジションを聞いたら、もっと行けばよかったかもって思うけど、まだレースじゃないからね。でも悪くない、実に悪くないよ!」

 オーストリアGP、雨まじりの予選でジェンソン・バトンの走りが冴え渡った。マクラーレン・ホンダになってから自身初のQ3進出を果たし、どんどん路面が乾いていく状況で5番手のタイムを記録してみせたのだ。

 上位のペナルティによって3番グリッドを得たバトンは、スタートで2番手に浮上。しばらくフェラーリのキミ・ライコネンを抑え込んだ。

「7周目まで抑えられるとはビックリだし、上位のバトルを楽しんだよ」

 しかし、9周目にピットストップを終えてしばらくすると、前にはソフトタイヤで引っ張るフェリペ・ナッセが立ちはだかった。今季は下位に低迷しているザウバーとはいえ、ストレートではなかなか抜くことができない。

「オーバーテイクするのには、とても苦労したよ。僕らよりペースが遅いはずのクルマでもストレートの中盤までには消え去ってしまうんだ。ストレートエンドでは捕まえることができるけど、それまでに追いついていないとオーバーテイクを仕掛けることは難しい」

 そう振り返るバトンに、レースエンジニアのトム・スタラードから檄が飛んだ。

「ジェンソン、いい仕事だ。ここでナッセを、やっつけろ!」

 21周目のターン3でDRSを使ってナッセを抜き去ると、バトンのペースは再び好転した。25周目には、スーパーソフトでスタートから引っ張るロマン・グロージャンも抜いて、7位まで挽回してきた。

 その後、セバスチャン・ベッテルのタイヤバーストでセーフティカー導入となり、予定どおりピットに飛び込んで最後のタイヤ交換を終えると、前方にロングスティントで粘るナッセが再び現われた。

 タイヤのデグラデーションを気にして攻めきれないバトンに対して、スタラードは再びアタックの許可を出す。

「ここでレースを前に進めよう。(ナッセに対して)マキシマム・アタックをしろ!」

 待ってましたとばかりにバトンはプッシュを開始し、翌39周目のターン2でナッセの隙を突いてパス。またも、7位まで浮上した。

 そのころフェルナンド・アロンソは「ESパックのエラーが出ている」と訴え、ピットからの指示を受けてシステムのフェイルクリアを実施。実際にERSの回生が止まるわけではないものの、2度のリセットを経てもエラー表示が再発するため、安全を見越してリタイアを選ぶことになった。

 一方バトンは、前にいたバルテリ・ボッタスがピットインしたことで6位に浮上。60周目にはダニエル・リカルドまでタイヤの性能低下に耐えかねてピットインしたため5位まで順位が上がったが、バトン自身もタイヤのデグラデーションに不安を抱えていたため、新品のウルトラソフトに換えて猛追してくるリカルドに対しては「頑張って戦わなくていいぞ」とスタラードからアドバイスされ、道を譲った。

 それでも上位の自滅がベッテルのみというレースで、3強チームに次ぐ6位を得たことは大きかった。なにより、久々にレースの面白さを味わうことができたのが、バトンにとっては大きな収穫だった。

「ペース自体すごく速かったわけじゃないけど、戦略面でうまくやれたし、クルマも走るたびにどんどん良くなっていった。そういう完璧な週末というのは毎回あるものじゃないからね。とにかく上位で戦えるレースというのは、とても楽しいものだよ」

久しぶりの上位争いに、バトンの表情も明るい
LAT



(米家峰起/Text:Mineoki Yoneya)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号