F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、運も味方に12番手から5位「ルイスとのバトルは楽しかった」メルセデス/F1第5戦決勝

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは6位、ジョージ・ラッセルは5位だった。


 ハミルトンはスタート直後、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)と接触、8番手に落ちたが、6周目には6番手に戻り、その位置でフィニッシュした。


 12番グリッドからハードタイヤで長いスティントを走っていたラッセルは、5番手まで上がったところでセーフティカーが出動、有利にタイヤ交換を済ませることができた。ハミルトンのすぐ後ろでリスタートし、タイヤの違いから、ラッセルの方がペースが良く、すぐにオーバーテイク。しかしその際はコース外にはみ出したため、いったんハミルトンの後ろに下がった後、改めて追い抜き、5位をつかんだ。


 トト・ウォルフ代表は「セーフティカーは、ジョージには味方し、ルイスにとっては残念だった」と述べている。

2022年F1第5戦マイアミGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第5戦マイアミGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=6位
6番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード


 チームとして大量にポイントを稼げたのでよかった。この結果を受け入れて、さらに前に進もう。


 僕にとってはセーフティカーのタイミングがついてなかった。今は、運が向いてくるのを待っている。それまで懸命に努力し続けるだけだ。


 ジョージはハードタイヤでのファーストスティントで素晴らしい仕事をした。後から考えれば、今日のレースではハードタイヤの方が良いレースタイヤだったのかもしれない。ジョージは良い仕事をして、ポジションを挽回し、僕たちは5位と6位を獲得することができた。チームとしてたくさんポイントを獲れてよかったよ。


 ジョージとのバトルでは、僕は古いタイヤを履いていたから、やれることがあまりなかった。そのため少し無防備な状態だったけれど、ジョージは素晴らしい動きをしたし、とてもフェアだった。


 こういうポジションでも、レースであることに変わりはないし、視点が変わるよ。


 このコースは素晴らしいと思う。シケインは理想的とは言えないけれど、弱点はそこだけだ。

2022年F1第5戦マイアミGP ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第5戦マイアミGP ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=5位
12番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム


 正直言って、複雑な気分だよ。昨日のポジションを考えれば、良い結果だけれど、金曜の時点で「決勝は5位と6位になる」と言われていたら、トップからそんなに離れた位置なのかと、がっかりしただろう。


 僕らのマシンは決勝用としては速さがある。ただ、パフォーマンスを引き出す鍵がないんだ。そしてその理由を理解していないので、まだまだやるべきことが多いということだね。


 今日のレース終盤のことだけど、チームメイトとバトルをするときには、相手に敬意を示さなければならない。そして通常よりも多めにスペースを残さなければならないんだ。


 少しトリッキーな動きで、コースからはみだしてしまった。このサーキットはオフラインがダーティなんだ。でもコースから外れたのは明らかだったので、もう一度オーバーテイクをやり直さなければならなかった。楽しかったよ。僕たちの間には互いへの敬意があるからね。


 ルイスは今日はついてなかった。20周古いハードタイヤを履いていたのでは、やれることはあまりない。


 過酷なレースだった。すごく暑くて、汗だくになって、汗が目に入って痛かった。それについては対策を見つける必要があるね。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号