F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、代表との口論の内容は明かさず。2台Q2敗退の要因はタイヤの熱入れ:メルセデス/F1第4戦金曜

2022年4月23日

 2022年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンは予選13番手、ジョージ・ラッセルは予選11番手だった。メルセデスが2台揃ってQ2で敗退したのは、2012年日本GP以来のこと。


 トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは、「我々のマシンはタイヤに熱を十分入れることができず、それが今日マイナスに働いた。長めに走るプランに移ったものの、赤旗が出たために、必要な周回数を走ることができず、雨が降り出して、タイムを更新するチャンスがなくなった。それで11番手と13番手にとどまることになったのだ」


「このサーキットはオーバーテイクが難しいので、土日は厳しい状況になると思うが、1ラップペースよりはレースペースの方が優れていることは分かっている。そしてスプリントとメインレースがあることで、挽回のための時間をいつもより多く得られる」

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP1 18番手(1分36秒464:ウエットタイヤ/17周)
予選 13番手(Q1=15番手1分20秒470:ソフトタイヤ/Q2=13番手1分21秒138:ソフトタイヤ)


 あまりいい予選ではなかった。もちろんがっかりしている。ファクトリーで皆が頑張ってくれているため、前向きな気持ちでここに来た。ところが物事がうまくまとまらなかった。


 今日はチームとしてのパフォーマンスが足りなかったと思う。スプリントレースで順位を上げるためにできる限りの力を尽くす。難しいレースになるだろうが、何が起こるかは分からないよ。ポジションを上げることが可能かもしれない。今のところ、毎週末、救出作業に当たっているような状況だ。


(予選敗退後にトト・ウォルフ代表と口論しているような映像が流れたことについて、何を話していたのかと聞かれ)全部内々の話だから、公表したくはない。今はこういう状況だけど、これからも努力し続けるだけだ。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP1 10番手(1分34秒262:インターミディエイトタイヤ/21周)
予選 11番手(Q1=12番手1分20秒383:ソフトタイヤ/Q2=11番手1分20秒757:ソフトタイヤ)


 この数戦、タイヤに熱を入れることに苦労している。常に2周目にタイムが大幅に良くなるんだ。オーストラリアではアルピーヌやマクラーレンとの違いが明らかだった。彼らは1周目からタイムを出せるが、僕たちは高速で連続走行して、良いタイムが出るのは3周目とか5周目だった。


 今日は赤旗が何度も出る展開になって残念だ。でも、望ましくない状況であったとしても、スプリントフォーマットであればチャンスが出てくる。理想的とはいえないけれど、明日、ポジションを上げるチャンスはあるよ。新世代F1マシンでのスプリントレースは面白くなりそうだ。前のマシンにぴったりついていくことができるからね。とはいえ、スプリントの周回数ではタイヤのデグラデーションが出てこないし、そうなるとライバルとの戦いにおいてタイヤをアドバンテージにすることはできないだろう。


 でも日曜にレースがあるから、上を目指していくだけだよ。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号