F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ストロール父、フェラーリとの関係を完全に断ち切る

2021.04.13

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 カナダ人の億万長者であるローレンス・ストロールは、保有するモントランブラン・サーキットを売りに出すことで、フェラーリとの間に残った最後の絆を断ち切ろうとしているが、彼とダイムラーグループとの関係が深まっている現状を踏まえれば、それは大きな驚きではない。

 ストロールは、モントリオールの140km北に位置するこのコースを2000年に購入すると、フェラーリ・チャレンジ・ノースアメリカのホームコースにした。これは、彼が初めはドライバーとして、それからチームで、その後は主催者として、深く関わり続けてきた競技だ。

 さらにストロールは、選手権に参戦している、あるいは参戦を希望するドライバーたちを対象にレーシングスクールを開校した。そしてじきに、息子のランスは弱冠11歳でフェラーリ・ドライバー・アカデミー史上最も若いメンバーとなった。当時ルカ・ディ・モンテゼモロやステファノ・ドメニカリとは良好な関係にあったストロールだが、セルジオ・マルキオンネがフェラーリ会長職を引き継ぐとすべてが変わった。ふたりは親密な関係を築けなかったのだ。

 ストロールにとっては、個人的な友人でもあるマルコ・マティアッチ代表の更迭が決定打となった。フェラーリとの関係を完全に断ち切るべく、多数のフェラーリのロードカーを含むコレクションの大部分を売りに出した。今後はアストンマーティンをグローバルブランドにするために全精力を傾けていくつもりのようだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号