F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1「ベッテルとルクレールの間にわだかまりは一切ない」代表の個別協議で同士討ち問題は終息

2019年11月25日

 フェラーリは、2019年F1第20戦ブラジルGPでセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが同士討ちをした件で、チーム代表がそれぞれと話し合いを行い、問題はすでに終息したと述べている。


 ブラジルGP決勝終盤、ベッテルとルクレールは4番手をめぐるバトルのなかで接触、ともにリタイアを喫した。フェラーリがノーポイントに終わった後、チーム代表マッティア・ビノットは同士討ちを「愚かな行動」と述べ、フェラーリ社ジョン・エルカン会長は「非常に腹を立てている」と発言した。

2019年F1第20戦ブラジルGP決勝 リタイアしたセバスチャン・ベッテルのマシン
2019年F1第20戦ブラジルGP決勝 リタイアしたセバスチャン・ベッテルのマシン

 ビノットはレース後、マラネロのファクトリーで両者を交えて話し合いを行う予定であると示唆していたが、チームによると、“首脳会議”のようなものは行われず、レース後、通常行われているような形で代表とドライバーそれぞれとが一対一で話をしたという。


「先週の日曜以来、マッティアとドライバーたちは、通常どおり、日々、話をしてきました」とフェラーリのスポークスパーソンはBBCに対してコメントした。


「正式な首脳会議やビデオ会議といったものはありませんでした。ですが、すでにわだかまりは一切なく、私たちはアブダビに100パーセント集中しています」


 話し合いの詳細については明かされておらず、今後、ベッテルとルクレールがコース上で自由に戦うことが許されるのかどうかは不明だ。


 ひとつの説として、フェラーリは2020年序盤4戦を終えた段階でナンバーワンドライバーを決めて、その後はチームオーダーを出して彼のタイトル争いをサポートしていくつもりなのではないかともいわれている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン44
2位マックス・フェルスタッペン43
3位ランド・ノリス27
4位シャルル・ルクレール20
5位バルテリ・ボッタス16
6位カルロス・サインツJr.14
7位ダニエル・リカルド14
8位セルジオ・ペレス10
9位ランス・ストロール5
10位ピエール・ガスリー6

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位メルセデス60
2位レッドブル・ホンダ53
3位マクラーレン41
4位フェラーリ34
5位アルファタウリ・ホンダ8
6位アストンマーティン5
7位アルピーヌ3
8位アルファロメオ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号