F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、ドライブシャフトの問題で予選15番手。事前のギヤボックス交換は「戦略の一環」と代表/F1第2戦

2023年3月19日

 2023年F1サウジアラビアGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、Q2でトラブルが発生したため、15番手に終わった。


 FP3開始直後、FIAは、レッドブルがフェルスタッペン車のギヤボックス(ギヤボックスケースおよびカセット[GBX C & C]、ギヤボックスドライブライン、ギヤチェンジコンポーネントおよび補助コンポーネント[GBX DL])のシーズン2基目を入れたことを発表した。これによるペナルティはない。


 フェルスタッペンは、Q1でチームメイトのセルジオ・ペレスに0.483秒の大差をつけてトップに立った。しかしQ2最初のランでメカニカルトラブルが発生、フェルスタッペンは自力でピットに戻ることはできたものの、コースに復帰することはかなわず、Q2最下位15番手という結果となった。後にチームは、ドライブシャフトのトラブルが発生したと発表した。


 クリスチャン・ホーナー代表は予選直後、「本当に残念だ。すでに問題を理解するプロセスに入っている」と語った。


「15番手スタートで大きなチャレンジに直面することになるが、マックスはその挑戦に立ち向かう。彼が何を成し遂げるのかを見るのはとても興味深い」


 FP3前にギヤボックスの交換を行ったことについて、『Sky Sports F1』に尋ねられたホーナーは、「レースに向けて懸念があったわけではない。パーツをプールする上での戦略の一環だった」と説明した。

2023年F1第2戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表
2023年F1第2戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 1番手(1分28秒485:ソフトタイヤ/20周)
予選 15番手(Q1=1番手1分28秒761:ソフトタイヤ/Q2=15番手1分49秒953:ソフトタイヤ)


 ターン10から立ち上がった時、右リヤでドライブシャフトが壊れた。それで予選を終えることになってしまった。それまでは何の問題もなかったが、本当に突然の出来事だった。マシンは好調だっただけに悔しい。すべてのセッションで快適に走り、コースに出るたびに速さを発揮していた。(トラブルが起きなければ)ポール争いができたはずだ。


 明日の決勝に向けて作業が必要になった。でもこれが現状だ。チャンピオンシップは長いのだし、ポジティブさを保っていこう。


 この位置からのスタートでは優勝するのは困難だと思うが、できるだけ多くのポイントをつかみにいく。トップに立つのは難しいだろうけど、諦めないよ。このコースでは何が起きてもおかしくない。実際、クレイジーなことが過去に起きている。ただ、現実的になる必要がある。難しいレースになるだろうが、ペースはいいから、ポジションを上げていけることは間違いない。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編