F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ストロール「ガスリーはブレーキを遅らせて抜いたが、十分なスペースを残さなかった」:アストンマーティン F1第20戦決勝

2022年11月1日

 2022年F1第20戦メキシコGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは14位、ランス・ストロールは15位でレースを終えた。


■セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム)
決勝=14位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2022年F1第20戦メキシコGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 概して言えば、今日の僕は少しばかり遅すぎた。レース序盤には、前方のクルマに付いていくこともできたけど、その後、ユウキ(角田)と絡んでしまったのはちょっとアンラッキーだったね。彼のクルマはダメージを負っていて、ちょうど僕の目の前でコースに戻ってきたんだ。あれで大きくタイムを失い、後続のドライバーたちのカモになってしまった。


 クルマのフィーリングは最高とは言いがたく、少々苦戦を強いられた日曜の午後だった。それでもコンストラクターズ選手権の6位争いで、大きな打撃を負わずに済んだのは幸運だったね。


■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム)
決勝=15位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第20戦メキシコGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 最高のスタートが決まった。それが僕のレースのハイライトだったのは間違いない。ピエール(・ガスリー)との件について言えば、彼はブレーキをギリギリまで遅らせて抜きながら、十分なスペースを残してくれなかった。ただ、もしあれがなかったとしても、僕のレースがさほど大きく変わることはなかっただろう。他のクルマを抜いたりして楽しい場面もあったものの、ペースの悪さとタイヤにひどく苦しめられたからだ。今回のようなパフォーマンスの落ち込みの理由を突き止めて、シーズン最後の2戦で最大限の力を発揮するために、改善できる部分はどこにあるかを見定めたい。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP