F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ、ピットのインシデントが続き、8位に沈む「タイヤの準備ができていなかった」フェラーリ/F1第15戦

2022年9月5日

 2022年F1オランダGP決勝で、フェラーリのカルロス・サインツは8位に終わった。決勝は5位でフィニッシュしたが、ピットストップの際にアンセーフ・リリース(フェルナンド・アロンソの進路にリリースされた)がなされたと判断され、サインツに5秒のタイムペナルティが科され、8位に降格された。


 これについてチームは、ペナルティは厳しすぎる措置であると主張し、次のように述べた。


「ピットボックスから離れる際に、マクラーレンのピットクルーが前にいたために、避けるために減速しなければならなかった。そのためにフェルナンド・アロンソが後ろに追いつき、カルロスに追突しないために減速しなければならなかった。だが、このインシデントは危険なリリースであるという、厳しい判断がなされた」

2022年F1第15戦オランダGP フェラーリがカルロス・サインツをアンセーフ・リリース
2022年F1第15戦オランダGP フェラーリがカルロス・サインツをアンセーフ・リリース

 なお、サインツは、序盤3番手を走っていたが、最初のピットストップの際に、タイヤが用意されておらず、長く停止せざるを得なかったことで、11番手にまで落ちてしまった。これについてチームは「彼をピットに入れるという判断がぎりぎりになされたため、彼がピットに入ってきた時、左リヤタイヤの準備ができていなかった。そのためカルロスは約9秒を失い、ポジションもいくつか落とした」と説明している。


■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=8位
3番グリッド/タイヤ:ソフト→ミディアム→ハード→ソフト


 本当にタフなレースで、物事が思うようにいかなかった。選んだセットアップは期待どおりに機能せず、スタート直後には(ルイス・)ハミルトンとの接触でダメージを負い、全体的にペースが足りなかった。


 最初のピットストップが直前の判断でなされたことで、レースタイムを大量に失った。その後、アンセーフ・リリースでペナルティも受けた。でもあの状況では他にどうしようもなかった。マクラーレンのメカニックが目の前にいたから、彼に当たるのを避けようとしたんだ。


 厳しいレースだったけれど、次戦に気持ちを切り替えよう。次はホームグランプリのモンツァだ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号