F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「タイトル争いにおいて極めて重要な1-2」チームプレーを受け入れたペレスには感謝/F1第6戦

2022年5月23日

 2022年F1スペインGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは1位、セルジオ・ペレスは2位に続き、今季2回目の1-2フィニッシュを達成した。


 ドライバーズ選手権ではフェルスタッペンがシャルル・ルクレール(フェラーリ)を抜き、コンストラクターズ選手権でもレッドブルがフェラーリを抜き、それぞれトップに立った。

2022年F1第6戦スペインGP表彰台
2022年F1第6戦スペインGP表彰台

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 チームにとってこの3戦で2回目の1-2フィニッシュを達成できて最高の週末だ。両選手権争いにおいて、極めて重要な意味を持つことになるだろう。


 ふたりとも素晴らしいスタートを決めて、好調な滑り出しとなった。だが突風の影響を受けてマックスがスライドし、彼は4番手に落ちた。彼のマシンにDRSトラブルがあることを我々は知っていたので、その時点で3回ストップ戦略に変更し、ルクレールや(ジョージ・)ラッセルに対するタイヤのアドバンテージをマックスに与えることにした。ただ、その時点では、2回ストップと3回ストップのどちらが優れた選択なのかについては、決めかねていた。


 チェコは当初2回ストップ戦略で走らせており、ふたりはチームとして仕事に取り組み、互いをカバーする形になっていた。今日の目的は、ポイントを最大限獲得することであり、それこそがチームにとって極めて重要なことだった。その目標を達成するために協力し合って働けたことをうれしく思う。

2022年F1第6戦スペインGP マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス(レッドブル)

(ペレスに対し、フェルスタッペンにポジションを譲るようチームオーダーを出したことについて、『Sky Sports』に語り)チェコには、チームプレーをしてくれたことに感謝する必要がある。


 ふたりは今日、違う戦略で走っていた。我々は温度の問題を抱えていたので、リタイアの危険を冒すことだけは絶対に避けたかった。ふたりは違う戦略で走っていたから、直接対決にはならなかったのだ。


 チェコは長いスティントをミディアムで走り、マックスは(新しいタイヤで)アドバンテージを持っていた。


 いずれにしてもチェコのタイヤは最後まで持たなかっただろう。それで、終盤にファステストラップ狙いでピットに入れた。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号