F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:ペレスはフェラーリに肉薄する速さ。一方フェルスタッペンはトラブル続出、油圧の問題も

2022年5月7日

 F1第5戦マイアミGP初日のレッドブルのガレージは、チャンピオンがいるチームとは思えないほど、慌ただしかった。


 まずフリー走行1回目で、マックス・フェルスタッペンのマシンに問題が発生して、セッション途中にピットイン。ガレージに戻されたフェルスタッペンのマシンは、メカニックによってエンジンカウルが外された。


 エンジンカウルが外され、露出したパワーユニットをエイドリアン・ニューウェイ(チーフテクニカルオフィサー)をはじめ、多くのスタッフが見ていたため、パワーユニットにトラブルが発生したのかと思ったが、そうではなかった。

レッドブル&HRC密着
エンジンカウルが外されたフェルスタッペン車を見守るエイドリアン・ニューウェイ


「コースに慣れて、これからスピードを上げて走行しようと思った途端、ハイドロリック系に問題が出て、ステアリングが効かなくなったんだ」(フェルスタッペン)


 セッション中に修復作業が終了し、再度コースインしたものの、マシンの状態が完璧ではなかったためか、フェルスタッペンはセッション終了前にピットインし、コクピットを降りてセッションを自ら終了させた。

レッドブル&HRC密着
コースに向かうフェルスタッペン

レッドブル&HRC密着
再びガレージに戻り、フェルスタッペンはFP1を終えた


 通常のサーキットであれば、セッション終了前にピットインすることも珍しくないが、このマイアミ・インターナショナル・オートドロームは初めて走るコースで、しかもピットレーン出口にスタート練習をする場所がないため、セッション終了のチェッカーフラッグを受けた後に1周して、本コース上のグリッドでスタート練習ができる。そのため、多くのドライバーがチェッカーフラッグが振られるまでセッションを続け、最後にスタート練習をしてピットインしてきた。もちろん、チームメートのセルジオ・ペレスもスタート練習をしてから、ピットに帰還した。


 フリー走行2回目ではコースインした直後、右ブレーキにトラブルが発生して、ブレーキ周辺から炎を出しながらピットインしたフェルスタッペン。結局、このセッションでフェルスタッペンが再びコースインすることはなく、フェルスタッペンの周回数はわずか1周にとどまった。


「マシンの情報やデータがあまりないので、予選や決勝では難しいかもしれないけど、ベストを尽くすよ」


 幸いだったのは、ペレスには問題が発生せず、しっかりと走り込み、かつフェラーリ勢に肉薄していること。マシンの戦闘力としてはまだ十分に戦えるだけに、トラブルが再発しないことを祈りたい。



(Masahiro Owari)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号