F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル再昇格が叶わなければ、ガスリーは2023年以降にチームを離れる可能性があるとヘルムート・マルコが認める

2022年4月1日

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルがピエール・ガスリーにマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてのシートをオファーしなければ、2023年以降に彼を失うことになるだろうと述べている。


 レッドブルファミリーの長年のメンバーであるガスリーは、2017年末にトロロッソでF1キャリアをスタートし、2019年にはレッドブル・レーシングに昇格した。しかしガスリーはフェルスタッペンと同じレベルのパフォーマンスを発揮するのに苦戦したことから、チームはF1の夏季休暇中に彼をトロロッソのアレクサンダー・アルボンと入れ替えた。


 その後ガスリーは自信を取り戻し、アルファタウリのチーム名を冠することになったチームの紛れもないリーダーとしてレースをし、2020年のイタリアGPでは記憶に残る優勝を果たしてその地位を確かなものにした。一方のアルボンは、その年の終わりにレッドブルのシートを失い、セルジオ・ペレスと交代させられた。

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が初勝利をチームと祝う
2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が初勝利をチームと祝う


 26歳のガスリーが目覚ましい成績を収めていることから、予想されたとおり元トロロッソの共同オーナーのゲルハルト・ベルガーを含む多くの人々が、彼にはレッドブル・レーシングでの2度目のチャンスを得る価値があると示唆している。


「ゲルハルトは間違っていない」とマルコはドイツのウェブサイト『Formel1.de』に語った。


「だが現時点ではまだチェコ(セルジオ・ペレス)との契約がある」


「このふたりのドライバーたちのパフォーマンスを比較しなければならないし、チェコとの契約は年半ばまである」


「ガスリーとの契約は2023年までだ。この契約が終了して彼に昇格のチャンスを与えられなかったら、彼を失うことになる可能性があることはすでに明らかだ。我々はそうなることを望んでいない」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)


 ガスリーはレッドブルでの2度目のチャンスに自分がふさわしいと感じていると繰り返し語っている。レッドブルのスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリーもその発言を支持し、ガスリーは“次のステップアップ”への準備ができていると認めた。


 しかしガスリーが目標を果たすためにできる唯一のことは、アルファタウリに集中し、彼の能力を最大限に発揮することだ。


「今はベストを尽くすことに集中しているが、もちろん速いマシンに乗って優勝と勝利のために戦いたい。それが唯一重要なことだ」とガスリーは語った。


「F1で勝利を飾りたいし、勝てるマシンを持たなければならない。適切なタイミングが来たら、そのことについてヘルムートと話し合うことになるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号