F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「レースの神様の助けもあったが、22戦の戦いでつかんだタイトル」ホンダにも感謝/F1アブダビGP

2021年12月13日

 2021年F1アブダビGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝を飾り、自身初のドライバーズチャンピオンの座に就いた。セルジオ・ペレスはリタイアを喫した。ホンダはペレスのパワーユニット(PU)のデータに異常を確認したと述べている。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 最後の10周は、レースの神様からの助けが必要だと考えていた。するとありがたいことにセーフティカーが出動したのだ。


 今シーズンは素晴らしい戦いをしてきた。そしてマックスが世界選手権を制することができた。ここの一戦だけではなく、一年を通した戦いのなかで勝ち取ったのだ。彼はドライバーとして一貫して素晴らしいパフォーマンスを示し続けた。


 ルイス(・ハミルトン)のことも讃えたい。一年を通して驚異的なライバルだったし、偉大なる世界チャンピオンだ。手強い相手だった。だからこそ、今年のタイトルを獲得したことの功績はより大きいものになった。

2021年F1第22戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がタイトルを獲得、記念撮影
2021年F1第22戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がタイトルを獲得、記念撮影

 このチャンピオンシップは最後のラップに確定した。あのピットストップをしてソフトタイヤに交換したのは素晴らしい戦略だった。そしてあれを成し遂げたのはマックスの力だ。典型的なマックススタイルだった。ターン5からバックストレートまで、私は叫び通しだったよ。マックスはしっかり仕事をやり遂げてくれた。彼とチームのことを心から誇りに思う。一年を通して経験してきたこと、強力で偉大なライバルを相手に成し遂げたことは、私の誇りだ。


 チェコは今日、完璧なチームメイトだった。彼は完全にすり減ったタイヤでルイスを後ろに抑え続け、最高のドライビングを見せた。彼がいなければ、マックスはワールドチャンピオンにはなれなかっただろう。今日はチームの全員がそれぞれの戦略を完璧に実行したのだ。

2021年F1第22戦アブダビGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とクリスチャン・ホーナー代表
2021年F1第22戦アブダビGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とクリスチャン・ホーナー代表

 22戦を通して、この世界選手権を勝ち取ったというのが事実だ。ホンダのこの数年のチームワークとサポートにも感謝したい。今後は別の形でパートナーシップを継続していく。今後も成功を収め続けることを楽しみにしている。



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン110
2位シャルル・ルクレール104
3位セルジオ・ペレス85
4位ジョージ・ラッセル74
5位カルロス・サインツ65
6位ルイス・ハミルトン46
7位ランド・ノリス39
8位バルテリ・ボッタス38
9位エステバン・オコン30
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング195
2位スクーデリア・フェラーリ169
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム120
4位マクラーレンF1チーム50
5位アルファロメオF1チーム・オーレン39
6位BWTアルピーヌF1チーム34
7位スクーデリア・アルファタウリ17
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号