F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール8位「シャシー交換の大仕事をしてくれたチームに感謝。ペースを取り戻せた」フェラーリ/F1第20戦決勝

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは8位、カルロス・サインツは7位だった。


■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=8位
 チームとして、明るい雰囲気でこの週末を終えることができた。個人的には、納得のいかない予選だっただけに、ペースを取り戻すことができて満足だ。昨日、シャシーの交換という大仕事をしてくれたメカニックたちに感謝したい。レース序盤の2、3周で、もうクルマのフィーリングがはるかに良くなっていることが確認できて、これならプッシュできると思った。


 最終的な結果から言えば、8位フィニッシュにすぎないのだから、特に喜ぶほどのことではない。でも、はるか後方のグリッドからスタートしたことを考えれば、かなりいいリカバリーができたと思う。特にハードタイヤを履いた第2スティントでは、力強いペースで走れたしね。この勢いをシーズン最後の2レースでも維持するために、できることは何でもするつもりだ。

2021年F1第20戦カタールGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第20戦カタールGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ 決勝=7位
 タイヤマネージメントの面でかなりの我慢を強いられたので、最高に楽しいレースというわけではなかった。それでも、本当にそれで行けるどうか、スタート前には不確かだった1ストップ戦略でフィニッシュできたのだから、いい仕事をしたと思う。予想どおり、ミディアムタイヤでのスタートは厳しいところがあり、序盤は周囲のクルマとの戦いで苦戦した。


 そこからは、第1スティントを最大限に延ばすことに専念して、第2スティントの最初の数周はハードタイヤに負担をかけすぎないように心がけた。もう最後までプッシュしても大丈夫だと言われた時点で、ようやく少し楽しいレースができるようになり、前にいた(エステバン・)オコンと(ランス・)ストロールとの距離を詰めていった。ただ、DRSトレインの中に入ってしまったために、オーバーテイクはできずに終わった。


 全体としては、ポジティブなトリプルヘッダーだった。すべてのセッションとレースで、自信を持って速いペースでドライブできた。マクラーレンに対するリードも広げることができたから、その点では満足してもいいと思う。シーズン最後の2戦に臨む前に、特にメカニックやレースチームのメンバーには少し休みが必要だ。みんなの努力に感謝しているよ!


 最後にフェルナンド(・アロンソ)におめでとうと言いたい。彼がまたポディウムに上がるのを見て、本当にうれしかった。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号