F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TDスプリント予選後会見:スタート改善のため、PUに求められたのは「スロットル操作への応答性のよさ」

2021年9月12日

 2021年F1第14戦イタリアGP土曜日午後に行われたレース形式のスプリント予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手スタートからひとつ順位を上げ、2番手でチェッカーを受けた。首位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)が4基目のパワーユニット投入により最後尾スタートとなるため、フェルスタッペンは決勝レースをポールポジションで迎える。レースでのオーバーテイクはかなり難しいサーキットゆえに、非常に大きなアドバンテージと言っていい。


 この週末、一発の速さではライバルのルイス・ハミルトン(メルセデス)に大きく差をつけられてきたフェルスタッペンだったが、スタートで抜き去って一矢報いた形だ。今季のレッドブル・ホンダは、なぜ今まで以上に素晴らしいスタートを決められているのか。「様々な要素が複雑に絡み合っている」レーススタートにおいて、パワーユニット側の対処の肝は、「ドライバーの要求に、いかに従順に応えるかが重要」と、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは語っていた。


────────────────────


──明暗の分かれる結果となりました。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):はい。マックス(・フェルスタッペン)は予選グリッドからひとつ上げて2番手。首位でチェッカーを受けた(バルテリ・)ボッタスが最後尾スタートになりますので、ポールポジションスタートになる。いい形でレースを終えてくれればと思います。対照的に(ピエール・)ガスリーは6番手からスタートしながら、1コーナーの混乱で接触し、高速コーナーでフロントウイングを落としてバリアにクラッシュ、リタイアとなってしまいました。


 今日レース形式の予選では、いろいろ学んだこともありました。それを決勝レースに反映させて、タイヤ交換も義務付けられていますから、抜きにくい展開とはいえ、ホンダ勢4台がいい結果が得られることを望んでいます。

2021年F1第14戦イタリアGPスプリント予選 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がクラッシュ
2021年F1第14戦イタリアGPスプリント予選 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がクラッシュ


──フェルスタッペンは前戦オランダに続いて、素晴らしいスタートを決めました。今季のスタートのよさについて、エンジン側としてはどんな改善を施してきたのでしょう。


田辺TD:スタートというのは、様々な要素が複雑に絡み合っています。タイヤ、ギヤボックス(クラッチ)、パワーユニット(PU)、ドライバー、それぞれが与えられた要求に対してベストを尽くすことが求められるわけです。パワーユニットについていえば、その時点のコンディションに合わせた、最適なセッティングを施すこと。そしてドライバーがミスのない確実な操作を行って、初めてスタートは成功します。


──パワーユニット側の対処を、もう少し具体的にお願いします。


田辺TD:PUとしては、ドライバーのスロットル操作に対して、いかに従順に応えられるか。それが一番の肝と考えています。要はスロットル操作への応答性のよさですね。それはドライバーの操作へに応える速さだけでなく、要求値ということです。

2021年F1第14戦イタリアGPスプリント予選 スタートシーン
2021年F1第14戦イタリアGPスプリント予選 スタートシーン


──フェルスタッペン自身、今季のスタートのよさについて、「エンジンの回転数の出方が、去年に比べて正確で、スタートの調整がやりやすい」と言っていました。「速さだけでなく要求値」というのは、そういうことですか。


田辺TD:そうですね。


──その改善は、今季投入された新骨格エンジンのおかげで成し遂げられたのですか? あるいはコンディションに合わせたセッティングの賜物なんでしょうか。


田辺TD:去年と今年のスタートを比較しても、今季の新骨格エンジンゆえにということはないですね。マックスが「コントロールしやすい」とコメントしていたということですが、昨年はそこで、「え、何が起きてる?」と思わせてしまうような、今ひとつ安定していないところがあった。そうするとタイヤスリップを誘発したり、逆にトルクが落ちてタイヤグリップが優って食いついてしまったりした。エンジンとドライバーはスロットルペダルだけで繋がってるわけですが、そこが今季はドライバーの意思に従って、エンジンが出力を出せるようになってると思います。過去の失敗例を全部見直して、何が欠けていたのか、どこをどうすれば改善されるのか、それを見つめてきたということです。

2021年F1第14戦イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がスプリント予選で2番手
2021年F1第14戦イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がスプリント予選で2番手

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第14戦イタリアGPスプリント予選 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&ランス・ストロール(アストンマーティン)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第14戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号