F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TDレース後会見:優勝、入賞を果たした3台を称賛。角田のPUトラブルは「早急に原因究明」

2021年9月6日

 36年ぶりに復活した2021年F1第13戦オランダGPをマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がポール・トゥ・ウインで制し、ドライバーズ選手権でもルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜いて再び首位に立った。しかしメルセデスが2、3位に入ったこともあって、コンストラクターズ選手権では逆にリードを広げられた。


 今回は地元の熱い声援を受けてフェルスタッペンが圧勝したものの、次戦イタリアGPは現行パワーユニットでレッドブルは勝ったことがなく、その次のロシアGPに至ってはメルセデスが全勝している。ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは「最善の準備を重ねてレースに臨む」としつつも、「思いどおりにはいかないだろう」と、シーズン後半も厳しい戦いが続くことを覚悟しているようだった。


────────────────────


──母国グランプリでマックス・フェルスタッペンが優勝を果たしました。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):ポールポジションからのスタートもきちんと決まり、その後はハミルトンにピタリと付けられる展開でしたが、チームが立てたレース戦略もしっかりと機能して優勝に結びつきました。非常にうれしく思っています。


──サーキットの雰囲気も素晴らしかったですね。


田辺TD:多くのファンが熱い声援を送ってくれて、それも大きな力になりました。ひとつ感じたのは、マックスだけを応援していたというより、レースをみんなで楽しみ、表彰式がそうでしたが、すべての選手、スタッフにエールを送っていました。そんな温かく、素晴らしい雰囲気のレースでしたし、そこでマックスが勝てたのは本当によかったと思います。

2021年F1第13戦オランダGP レースを制したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP レースを制したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


──ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)も4位入賞でした。


田辺TD:予選4番手からの4位フィニッシュ。レースペースが非常に安定して速かったです。前の3台にはさすがに追いつきませんでしたが、中団グループとの戦いでは強さを見せていました。これまでは予選で速さを見せてもレースで失速することがあっただけに、今後の戦いを占う意味でもすばらしいレースでした。


──セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の追い上げもすごかったです。


田辺TD:昨日の予選Q1敗退後にバッテリー交換を決断し、仕様違いのパーツ交換ということでペナルティを受け、ピットレーンスタートになりました。ハードタイヤで戦う戦略だったのですが、(ブレーキングで)タイヤをロックしてダメにしてしまいました。しかし、そこからは素晴らしい追い上げで8位入賞。これだけ抜きにくいサーキットで、あれだけ多くのオーバーテイクを見せてくれたのはさすがでした。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■角田のリタイアはパワーユニットが原因。ダメージなどを調査へ

──角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)のリタイア原因はパワーユニットですか?


田辺TD:はい。角田選手には本当に申し訳なく思っています。次戦イタリアGPがすぐ目前に迫っていますが、早急に原因究明をして備えるつもりです。


──角田のパワーユニットには具体的にどんな症状が出て、どういった状態で止めたのでしょうか。パワーユニットにダメージは出ていないのですか?


田辺TD:これから詳しく調べてお伝えします。


──角田はレース序盤2周目あたりでもパワー不足を訴え、モード変更で回復したようです。それとの関係はあるのでしょうか?


田辺TD:そこも今後の調査を待ちます。

2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がリタイア
2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がリタイア


──オランダGPは圧勝という形でしたが、レース後、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「次のモンツァ、ソチはちょっと厳しいかもしれない。ただ、その後は我々にも得意なサーキットがあるので、最後まで接戦になるだろう」と言っていました。そのあたりは同意見ですか?


田辺TD:ホーナー代表がそう言うのでしたら、そのとおりでしょう。パワーユニット側も、もちろん最善の準備を重ねてレースの週末に臨んでいますが、思いどおりにはいかないだろうと思います。


──次戦のイタリアGPはどんな展開を予想していますか?


田辺TD:なかなか予想は難しいですが、(モンツァは)超高速サーキットで4本の長いストレートを備えています。最高速が重要であると同時に、シケインへの対処も重要です。そのあたり、車体側はいかにうまくセットアップできるか、パワーユニット側は最大パワーだけでなく、エネルギーマネジメントを含めてのパフォーマンスですね。そのあたりがキーポイントだと思います。


 レッドブルはあまり得意ではないとホーナー代表は言っているようですが、アルファタウリは昨年勝っています。彼らの車体がこのコースに合っているのかどうか、そこも実際に現地で確認したいと思います。


──イギリスGPに続いて2度目のスプリント予選になります。


田辺TD:そこも重要なポイントです。わずか1回のフリー走行でいかに合わせ込めるか。事前にいろいろなセットアップを想定し、迅速に対応していくつもりです。

2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とザントフォールトの観客
2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とザントフォールトの観客

2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号