F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「まずまずのパフォーマンス。正しい選択をしてダブル入賞を達成」フェラーリは選手権3位に浮上/F1第13戦

2021年9月6日

 2021年F1オランダGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは5位、カルロス・サインツは7位だった。この結果によりフェラーリは、コンストラクターズ選手権でマクラーレンを抜いて3位に浮上した。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=5位
 今週末の全体的なパフォーマンスにとても満足している。2台揃ってポイント圏内でフィニッシュしたというのはいい結果だよ。


 スタートはうまくいったが、リスクをあまりとりすぎないようにして走った。誰もが驚いただろうことは、ミディアムタイヤがとても長持ちしたことだ。それでも僕たちにとってはソフトからハードというコンビネーションが正しい選択だったと思う。前のマシンとほぼ同じペースで走れていた。ただ、それでは十分ではなかった。


 ここの雰囲気は素晴らしい。グランドスタンドに人があふれていている光景を目にして、とてもうれしかった。来週のモンツァでも似たようなシーンを見られるのを楽しみにしている。ただし、次はオレンジではなくて赤だけどね。

2021年F1第13戦オランダGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第13戦オランダGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=7位
 全体的にポジティブな週末だった。ただ、僕に関しては、昨日からうまく挽回したものの、最高のレースにはならなかった。期待とはほど遠いレースになってしまったよ。


 金曜と同じレベルのペースを発揮できず、今までマシンに持っていた良い感触を完全に失ってしまったんだ。正しいバランスも見つけられず、あちこちでスライドし、ひどいデグラデーションに見舞われた。


 攻め続けてポジション争いをする計画だったのに、結局防御に徹するしかなかった。今日何が起きたのかを分析し、前に進みたい。


 ポジティブな点は、チーム全体でたくさんのポイントを稼いだことだ。それによってコンストラクターズ選手権のポジション争いで有利な状況になった。


 次のモンツァが楽しみだ。フェラーリドライバーとして迎える初めてのイタリアGPだから、忘れられない週末になるはずだ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号