F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダが1991年以来のシーズン8勝目「思い出に残る一戦。ファンの期待に応えられてほっとした」と田辺TD/F1第13戦

2021年9月6日

 2021年F1オランダGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは8位だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは4位、角田裕毅はトラブルでリタイアしている。


 フェルスタッペンは自身のホームグランプリをポール・トゥ・ウインで飾り、今季7勝目。ドライバーズ選手権においてルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜き返し、3ポイント差でトップに立った。


 ホンダF1にとっては通算87勝目、シーズン8勝目を挙げたのは1991年以来となる。

2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝

 ペレスは予選で渋滞の影響を受けて16番手にとどまったため、チームはシーズン今後を考慮し、ここでパワーユニットのエレメントを交換し、ペナルティを受けることを決めた。ペレスのマシンにはシーズン4基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスが入れられ、エナジーストアは仕様の違うものに交換されたため、ピットレーンからのスタートを義務づけられた。


 ホンダはペレスのパワーユニット交換について、次のように説明している。
「レース前、セルジオ・ペレスのマシンに新たなパワーユニット(PU)を投入し、グリッド降格ペナルティを受けました。これは戦略的な理由によるもので、ハンガリーGPでのクラッシュによってPUがダメージを負っていたことや、予選16番手というグリッドなどの状況を総合的に判断して新コンポーネントの投入を決定しました。この中にはスペックの異なるものもあったことから、レギュレーションにより、ペレスはピットレーンスタートとなりました」

2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がピットレーンスタート
2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がピットレーンスタート

 角田は、パワーユニットにデータ異常が見られたため、ピットに戻ってリタイアすることになった。ホンダは問題について調査中であると述べている。

2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がリタイア
2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がリタイア

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日のオランダGP決勝は、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手の素晴らしい走りとレース展開で優勝を獲得することができました。


 2台のメルセデスを相手に簡単なレースではありませんでしたが、チームの的確な戦略とピット作業により、彼らの猛追を押さえてのポール・トゥ・フィニッシュとなりました。


 加えて、週末を通して、素晴らしい雰囲気を作り上げてくれたオランダのファンにも、感謝の言葉を送ります。


 4番手からスタートしたスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手は、1ストップ戦略を採り、こちらも追い上げてくるフェラーリの2台を相手に素晴らしいパフォーマンスで周回を重ね、チームにとって貴重な大量ポイントを持ち帰ってくれました。

2021年F1第13戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 ペレス選手については、昨日の予選結果も踏まえて新PUの投入を決定し、ピットレーンからのスタートとなりました。オーバーテイクの難しいこのサーキットでいくつもの追い抜きを見せて8位入賞という結果は、非常によかったと考えています。


 角田選手については粘り強い走りを見せていたものの、PUのデータに異常が見られたためにリタイアすることを決めました。ここから詳細を確認していきます。


 フェルスタッペン選手の母国GPということで、大きなプレッシャーを感じながらのレースでもありましたが、優勝を飾れてホッとした部分もあります。


 我々ホンダにとっては一度きりのオランダGPになってしまいましたが、皆さんに喜んでもらえる結果を出せたことと、その温かい大声援は我々の思い出のひとつになると思います。


 来週に控えるイタリアGP、またその後もまだまだシーズンは続きますので、ここからも2つのチームとともにプッシュを続けていきます。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号