F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD予選後会見:「短時間で最適化作業をきちんと進められた」FP2では出力を落としてレースに向けた調整へ

2021年7月17日

『スプリント予選』が導入された2021年F1第10戦イギリスGP初日、フリー走行ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2番手以下に0.7秒以上の差をつける圧倒的な速さを見せた。しかし夕方からの予選では、地元ファンの大歓声を受けたルイス・ハミルトン(メルセデス)に0.172秒及ばず2番手にとどまった。


 初代スピードキングの称号は獲得できなかったものの、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「パワーユニットに関してはトラブルもなく、短い時間のなかで最適化作業はきちんと進められた」と、自信を見せた。


────────────────────


──初めて『スプリント予選』が導入されたイギリスGPの初日が終わりました。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):初日はフリー走行と、これまでと同じ形式の予選が行われたわけですが、レッドブル・ホンダは(マックス・)フェルスタッペンが2番手、(セルジオ・)ペレスは5番手という結果でした。ペレスは最後に4番手タイムを出していたのですが、トラックリミットで抹消されてしまった。アルファタウリ・ホンダの2台は、(ピエール・)ガスリー12番手、角田(裕毅)16番手と、これまでの予選一発の速さがちょっと鳴りを潜めた印象です。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)


──2日目以降は、車体もパワーユニットも大きく変更を加えることができません。


田辺TD:はい。その状態で、土曜日のスプリント予選、そして日曜日の決勝レースに臨むわけです。ただ土曜日のFP2に関しては、エンジンモード自体はステアリング上のスイッチをいじって変えられます。パワーユニットに関しては、初日に特にトラブルはありませんでした。FP1終了後の短い時間のなかで、最適化作業はきちんと進められたと思っています。2日目以降も、いろいろな課題に対処できるよう、やっていきたいです。


──フリー走行終盤に、フェルスタッペンが「最終セクターでパワーがない」と言っていました。それに対し担当エンジニアが「エンジンモードを変えてくれ」と言っていましたので、トラブルというより、フリー走行時の調整ということですか。


田辺TD:はい。その通りです。特に問題ではなく、セッティングを変えることで対応できるレベルのものでした。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


──初日にパルクフェルメが始まることで、車体、パワーユニットともに大きく作業できなくなります。その状況で行われる2日目のFP2は、どういう位置付けのセッションなのでしょう?


田辺TD:エンジンパワーに関しては予選、レース同一モードなのですが、FP2はあくまで練習走行ですので、そこでいくつか違うモードを走らせることは可能です。


──初日のフリー走行、予選と、パワーユニットは限界に近い状態で使い続けていたと思います。さらに2日目のスプリント予選、日曜の決勝レースと控えています。その分FP2は、やや落とし気味に使うということでしょうか。


田辺TD:基本的にはいつものFP2と同じですが、いわゆる予選はすでに前日に終わっている。なので長短のレースに向けた調整、エネルギーマネージメント含めてですが、そういうことになると思います。使い方に関しては、質問されたように(出力は落とし気味に)なるでしょうね。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号