F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:動き始めた2022年のドライバー市場。若手はアルファロメオに望み

2021.05.18

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2021/2022年のドライバー市場の噂が持ちあがるシーズンが始まろうとしているようだ。ジョージ・ラッセルは間違いなくバルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスと契約する、という一部イギリスメディアの報道も、内部情報というより希望的観測に基づいている部分が大きいようだ。

 ルイス・ハミルトンがメルセデスとの契約更新を望んでいると明らかにしたほか、フェラーリとマクラーレンは各々のドライバーたちとの契約を少なくともあと1年は延長するとし、マックス・フェルスタッペンもレッドブルとの契約を2023年末まで延長済みだ。このため、多くのドライバーたちがその他のマイナーなシートに群がる状況が生じている。アルピーヌは、フェルナンド・アロンソとの契約が続いているが、彼と組ませるべきもうひとりをエステバン・オコンにするかピエール・ガスリーにするか決めかねている。

 アストンマーティンは、セバスチャン・ベッテルがペースを取り戻して2022年にはチームを牽引してくれることを望んでいる一方で、レッドブルは、セルジオ・ペレスが早くパフォーマンスを向上させてくれることを願っている。彼に代わる人材がジュニアドライバープログラムに見当たらないからで、ガスリーのメインチーム復帰も選択肢にはなっていない。

 こうしたすべての事情から、ほとんどのF1シートに空きがない状態で、多くの若手ドライバーは来年の契約チャンスを見据えてアルファロメオF1代表であるフレッド・バスールのもとを訪ねている。彼らはみな、キミ・ライコネンネンが引退し、アントニオ・ジョビナッツィの契約が終わることを願っているのだ。

 また、フェラーリ育成であるカラム・アイロットとロバート・シュワルツマンに加えて、テオ・プルシェール、オスカー・ピアストリ、ユアン・ダルバラ、クリスチャン・ルンガーといった面々までもがバスールと接触している。アルファロメオ・レーシングとしてはより取り見取りといえるが、これも悪くないポジションなのかもしれない。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号