F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファタウリF1代表「中団トップはレーシングポイントだがその後ろは接戦」と予想。2戦目のアップデートに期待

2020年6月24日

 2020年最初のF1グランプリを前に、アルファタウリF1チーム代表のフランツ・トストは、現時点でメルセデスが最強で、その後にレッドブルとフェラーリが並ぶという序列であると予想している。一方で、アルファタウリ・ホンダは中団でライバルたちとの熾烈な戦いに直面することになると考えているという。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で前半10戦が中止あるいは延期されたが、7月5日のオーストリアGPでF1が開幕することが決定した。


「我々は中断したところ、つまりバルセロナでの冬季テストから再びスタートするわけだ」とトストは『Sky TV』に語った。
「そこ(テスト)で目にした状況を、オーストリアで見ることができるだろう。あそこでの状況は非常に明確だった。メルセデスが抜きん出ており、レッドブル・レーシングがそれに続き、フェラーリが3位だ」


「チームは、マシン開発ができない時期を過ごし、コースに出ることができなかった」とトストは付け加えた。「つまりバルセロナで目にしたバランスが、オーストリアに到着した時に再びみられるものと予想される」


 中団グループの序列を予想することはより一層難しい。しかしながら、レーシングポイントの2020年型マシンは、2019年の選手権を制したメルセデスのマシンと類似していることで「ピンク・メルセデス」と呼ばれ、プレシーズンテストでは高い競争力を発揮していた。

2020年第1回F1プレシーズンテスト1日目:セルジオ・ペレス(レーシングポイントRP20)
2020年第1回F1プレシーズンテスト1日目:セルジオ・ペレス(レーシングポイントRP20)

「レーシングポイントが(中団の)先頭になると思われる」とトストは認めた。
「だがその後ろはマクラーレン、ルノー、アルファロメオ、ハースがひしめき、我々もその戦いの中にいるものと期待している。他のすべてのチームと同様に、2戦目に我々はアップデートを用意している。新たなバランスがどのようになるかを改めて見てみたい」



(grandprix.com/autosport web)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号