F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2023年F1第17戦日本GPには3日間で22万2000人が来場。決勝日はひさびさの“10万人超え”を記録

2023年9月24日

 9月22〜24日に三重県の鈴鹿サーキットで開催された2023年F1第17戦『Lenovo 日本グランプリレース』。決勝レース終了後に今大会の観客動員数が発表され、3日間で計22万2000人が来場したことが明らかになった。


 コロナ禍の影響で昨年2年ぶりの復活を遂げたF1日本GP。迎えた2023年はコロナ対策も緩和され、レースウイークスタートとなる木曜日には4年ぶりの木曜日ストレートウォークが行われるなど、F1日本GPの開催を心待ちにしていたファンが多く参加。


 翌金曜日からはいよいよF1マシンの走行が開始となり、1時間のフリー走行が2回行われた。さらにレースウイークの幕開けということもありオフィシャルステージでのトークショー開催など、本格的なイベントも多く開催され、この日から4万2000人がサーキットに来場した。


 予選日となる土曜日は予選が行われ、新世代F1マシン2年目のタイムアタック合戦をマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が制し、7万9000人のファンが見つめるなか2年連続のポールポジションを獲得。そして2023年のF1日本GPは日曜日にいよいよ決勝日を迎え、航空自衛隊アクロバットチーム『ブルーインパルス』の展示飛行で観客のボルテージが高まったところでレースがスタート。


 そのスタートで多数のマシンが絡むアクシデントが発生するも、フェルスタッペンは首位を譲らずにポール・トゥ・ウイン。レッドブルの2年連続コンストラクターズタイトル獲得に貢献した。さらに2度目の母国GPを迎えた角田裕毅(アルファタウリ)もリタイア5台のレースを生き抜いて12位完走を果たし、10万1000人の前で力強い走りをみせた。


 そして観客動員数は金曜日4万2000人、土曜日7万9000人、日曜日10万1000人ということで、3日間合計で22万2000人が2023年のF1日本GPに来場したことになる。


 なお、昨年の決勝日の観客動員数は9万4000人ということで、決勝日“10万人超え”は2012年(10万3000人)以来。さらに3日間合計での“20万人超え”は、鈴鹿サーキットがF1に復活した2009年(21万人)以来になる。来年は鈴鹿初となる春開催となり読めない部分があるものの、今年を超える盛り上がりに期待したいところだ。

2023年F1第17戦日本GP 木曜日ストレートウォークの様子
2023年F1第17戦日本GP 木曜日ストレートウォークの様子

2023年F1第17戦日本GP 前夜祭に出演した平川亮と中嶋一貴
2023年F1第17戦日本GP 前夜祭に出演した平川亮と中嶋一貴

2023年F1第17戦日本GP 決勝レース前にグランドスタンドのファンに向かって手を振る角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第17戦日本GP 決勝レース前にグランドスタンドのファンに向かって手を振る角田裕毅(アルファタウリ)

2023年F1第17戦日本GPで展示飛行を実施したブルーインパルス
2023年F1第17戦日本GPで展示飛行を実施したブルーインパルス

2023年F1第17戦日本GP ブルーインパルスにより描かれた桜
2023年F1第17戦日本GP ブルーインパルスにより描かれた桜

2023年F1第17戦日本GP 決勝レーススタート
2023年F1第17戦日本GP 決勝レーススタート

2023年F1第17戦日本GP 鈴鹿サーキット
2023年F1第17戦日本GP 鈴鹿サーキット

2023年F1第17戦日本GP表彰式 優勝マックス・フェルスタッペン(レッドブル)2位ランド・ノリス(マクラーレン)、3位オスカー・ピアストリ(マクラーレン)
2023年F1第17戦日本GP表彰式 優勝マックス・フェルスタッペン(レッドブル)2位ランド・ノリス(マクラーレン)、3位オスカー・ピアストリ(マクラーレン)

2023年F1第17戦日本GP 決勝レース後のホームストレートでコンストラクターズタイトル決定の記念撮影を行うレッドブル
2023年F1第17戦日本GP 決勝レース後のホームストレートでコンストラクターズタイトル決定の記念撮影を行うレッドブル

2023年F1第17戦日本GP 観客席の様子
2023年F1第17戦日本GP 観客席の様子



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号