F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

エクレストン、2008年F1選手権の結果に異議を唱えるマッサを批判「単なる金目当ての訴訟。成功の見込みはない」

2023年10月1日

 元F1最高権威者であるバーニー・エクレストンは、フェリペ・マッサが15年前の2008年F1世界選手権の結果は正当なものではないと主張し、F1とFIAに対して損害賠償請求を行おうとしていることについて、「ただの金目当て」だとの見解を示した。


 マッサは、フェラーリドライバーだった2008年に、最終戦まで当時マクラーレンのドライバーだったルイス・ハミルトンとタイトルを争ったが、わずか1点差で敗れた。この年のシンガポールGPでは、ルノーチームが不正を行ったことが後に発覚。その件についてのF1とFIAの当時の対応によって、自分は2008年のF1タイトルを逃したというのがマッサの主張だ。

2008年F1ブラジルGP 優勝したフェリペ・マッサ(フェラーリ)
2008年F1ブラジルGP 優勝したフェリペ・マッサ(フェラーリ)


 2008年シンガポールGPでは、“クラッシュゲート”と呼ばれるスキャンダルが起きた。ルノーチーム上層部が、当時のドライバーであるフェルナンド・アロンソにレース中に優位性をもたらすために、チームメイトのネルソン・ピケJr.に故意のクラッシュを指示し、意図的にレースを操作、これによりアロンソは勝利を挙げた。

2008年F1シンガポールGP クラッシュしたネルソン・ピケJr.(ルノー)
2008年F1シンガポールGP クラッシュしたネルソン・ピケJr.(ルノー)


 このレースでマッサはトップを走行していたが、クラッシュによるセーフティカー出動時にピットインした際、フェラーリがピットストップ作業でミスを犯し、給油ホースがマシンに接続された状態でマシンをリリース。これによる遅れと、危険なリリースに対するペナルティで、マッサは13位に終わった。

2008年F1シンガポールGP 給油ホースがつながったまま発進したフェリペ・マッサ(フェラーリ)
2008年F1シンガポールGP 給油ホースがつながったまま発進したフェリペ・マッサ(フェラーリ)


 ルノーについての調査は翌年に行われ、当時のチーム代表フラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズが事故の計画に関わったとみなされた。ふたりはモータースポーツへの関与を禁止され、ルノーは執行猶予付きの参戦資格剥奪という処分を受けた。


 15年後の今、マッサが突如として訴訟を起こすことを決めたのは、今年春に報道されたエクレストンのコメントがきっかけだった。今年4月、ドイツのウェブサイト『F1-Insider』に掲載されたインタビューのなかで、エクレストンが、自分と当時のFIA会長マックス・モズレーはシンガポールで起きたことをその場で完全に把握していたが、「F1を守るために」インシデントについて目をつぶったと発言したと伝えられた。ルノーの行為について公式調査が行われたのは、チャンピオンシップの結果を覆すことができなくなる翌年だった。


 速やかにルノーの件についての裁定が出ていれば、自分が2008年のチャンピオンだったと考えるマッサは、弁護団を結成してFOMとFIAに対する法的手続きを開始し、自分はFIAがF1の最高レベルの個人とともに企てた「陰謀の犠牲者」であると主張した。


 マッサの代理人を務める、ロンドンに拠点を置くエンヨ・ローは、2008年シンガポールGPでルノーF1チームが意図的にクラッシュを企て、2009年にスキャンダルに発展した結果、マッサは損失利益及びボーナスとして数千万ユーロ(約数十億円)におよぶ多額の経済的損失を被ったとの主張を行っている。


 しかしエクレストンはその後、『F1-Insider』に対して行ったとされるコメントを否定し、このインタビューのことは覚えていないと発言した。


 さらに9月にスイスの『Blick』が発表した記事のなかで、エクレストンはマッサの目的は賠償金を手にすることだけであり、彼らの主張が認められる可能性はないと語った。また、エクレストンは、2021年最終戦を引き合いに出し、ルイス・ハミルトンとメルセデスは、F1レースディレクターの誤った行動によりタイトル争いにおいて著しく不利になり、結果的にドライバーズタイトルを逃す結果になったが、ハミルトンらは訴訟を起こしてはいないと指摘した。


「マッサの一派が気にかけているのは金のことだけだ。だが成功する可能性はゼロだ」とエクレストンは語った。


「ハミルトンとメルセデスだって、物議を醸したアブダビでの2021年最終戦について、FIAを訴えることができた」

2023年F1サウジアラビアGP フェリペ・マッサ
2023年F1サウジアラビアGP フェリペ・マッサ


 マッサは8月以降、彼の法的な異議申し立ては金銭が重要なのではないと繰り返し述べ、F1と彼自身のための正義を望んでいるだけだと主張している。


 マッサの弁護団は2008年のF1とFIAの行動に責任を課すための手続きを進め、インシデントに関与したすべての当事者への保全命令の申し立てを行い、インシデントに関連するすべての文書を保護することを求めた。受領者には、フェラーリ、ルノー、ルノーの元スポンサーのING、ブリアトーレ、シモンズ、当時のスポーティングディレクターのスティーブ・ニールセンが含まれている。


 マッサの法定代理人はまた、マッサの訴訟を支持するようハミルトンを説得したいと考えている。


 ブラジルでマッサの代理人を務めている、サンパウロの法律事務所『Vieira Rezende Advogados』のベルナルド・ビアナは、「彼(ハミルトン)はF1の重要なアンバサダーであり、常にF1の誠実さを擁護してきた」と語った。


「彼はブラジルの名誉市民であり、ブラジル人に大変人気があるため、彼がサポートしてくれることを願っている。我々はハミルトンには何の反感も抱いていない」

2021年F1ブラジルGPで優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編