F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、センサートラブルで30馬力をロス「表彰台に上れる速さがあっただけにがっかり」レッドブル/F1第5戦決勝

2022年5月9日

 2022年F1マイアミGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは4位を獲得した。ペレスは途中から、センサーのトラブルでパワーロスに見舞われていたという。


 チームは、「20Kwほどと推定されるパワーロス」だったとして(チーム代表クリスチャン・ホーナーは「約30馬力」と言及)、次のように説明している。


「20周目の序盤に、チェコは(カルロス・)サインツのDRS圏内に近づいたが、突然ペースが落ち、20周目の終盤にはギャップが4秒に広がった」


「彼は無線でパワーのロスを報告し、チームから、ステアリングホイールにおいてセンサーの調整を行い、そのまま走り続けるよう指示された。チェコはタイムを失っていき、23周目にはサインツとの差が8秒に拡大した」


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=4位
4番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ミディアム

2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 とてもがっかりしている。でも少なくとも完走してポイントを獲得することができた。


 カルロスにプレッシャーをかけていたら、パワーに問題が出たんだ。センサーの故障が原因で起きたトラブルで、大幅にパワーを失い、アタックする能力が制限された。


 カルロスから1秒後ろを走っていたら、エンジンのパフォーマンスが低下し、その後も、最後までその問題の影響を受けた。


 僕たちには表彰台に上がれるだけの速さがあったのにね。僕はその状況のなかでできる限りプッシュした。タイヤを労わりながら走ることも大変だったし、コーナーでも苦労し、レース終盤にはグリップが大幅に落ちてしまった。


 セーフティカーのリスタート後、アクションを起こしたけれど、グリップが全くなくて、カルロスを抜くことができなかった。


 僕たちは今、信頼性向上のために懸命に努力している。チームとしてこれからも取り組みを続けていく。今日のことは残念だったが、完走できたことはよかったと思う。次のバルセロナでは、またトップ争いに加わりたい。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号