F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅、F2時代にPP経験のあるソチへ「ステップ・バイ・ステップのアプローチで進歩していく」F1ロシアGPプレビュー

2021年9月24日

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年第15戦ロシアGPにおいて初めてF1マシンでソチ・オートドロームを走行する。しかし昨年FIA-F2時代に同サーキットで好成績を収めていることもあり、今週末への準備はしっかりできているという。


 角田は2019年にはFIA-F3でソチを走り、2020年にはFIA-F2で予選トップ、フィーチャーレースで2位を獲得した。


「モンツァでのレースウイーク前に、来季のアルファタウリ残留が発表されました。それまで100パーセント確信しているとは言えませんでしたが、今季はいいパフォーマンスを見せられていたので、自信はありました。とてもうれしいですし、チームとホンダに感謝しています」と、角田はロシアGPプレビューリリースのなかで、前戦イタリアGPについて振り返った。イタリアGPで角田は、マシントラブルのため、決勝をスタートすることができなかった。


「モンツァはFP1からマシンパフォーマンスはよかったですし、チームメイトの予選も素晴らしかったので、とても残念でした。スプリント予選フォーマットは1回のフリー走行を経てすぐに予選となるのでとても難しいと思いますが、進歩しているところは示せたと思います」


「モンツァを終えてからは、ほとんどをイタリアで過ごしました。UKのシミュレーターからは離れ、ファクトリーにも行きましたが、ロシアでの次戦に向けて準備はできています」

2021年F1第15戦ロシアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第15戦ロシアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「ソチはほとんどが90度コーナーで、それぞれがとてもよく似ているので、90度コーナーでのドライビングテクニックを磨いておかなければなりません! さらに、ストレートでの速度を稼ぐためにも、コーナー出口でのトラクションが得られるマシンが必要です。普段と同じようなコースに見えますが、市街地コースの特性もあるので、レースウイークを通じたトラックエボリューション(走行ごとの路面の改善具合)がとても大きいですし、ウイングの効果もかなりあります」


「レースウイークを通して進歩を続けて、うまくやれる自信はあります。F3時代からソチでのレース経験があり、昨年のF2でもポールポジションにフィーチャーレースでの2位と、いい思い出がありました。ステップ・バイ・ステップのアプローチを継続し、コースやマシンの挙動についてしっかりと学んでいきます」


「マシンはシーズン初めからいいパフォーマンスを見せているので、不安はありません。特に、直近の6〜7戦は安定してパフォーマンスを発揮できています。自分のドライビング向上に焦点を当てて取り組み、F1マシンで初めて走るソチでの経験を楽しみにしています」



(autosport web)




レース

12/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン369.5
2位ルイス・ハミルトン369.5
3位バルテリ・ボッタス218
4位セルジオ・ペレス190
5位シャルル・ルクレール158
6位ランド・ノリス154
7位カルロス・サインツJr.149.5
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー100
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム587.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ559.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ307.5
4位マクラーレンF1チーム269
5位アルピーヌF1チーム149
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ120
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号