F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、ロシアで大幅改善の新パワーユニットを導入。ルクレールがペナルティで後方グリッドスタートに

2021年9月24日

 スクーデリア・フェラーリは、F1第15戦ロシアGPでシャルル・ルクレールのパワーユニット(PU)を交換し、ルクレールが最後方グリッドからスタートすることを明らかにした。


 2021年レギュレーションでは、パワーユニットマニュラクチャラーは、各コンポーネントを1回しかアップグレードすることができない。フェラーリは、これまで2020年型のハイブリッドシステムを使用し、後半戦に投入するべく大幅な改善を図るために開発作業を続けてきた。


 その投入時期に注目が集まっていたが、9月23日、フェラーリは、ロシアGPでルクレール車に新コンポーネントを入れることを明らかにした。


「シャルルはパワーユニットのいくつかのコンポーネントを交換し、グリッド後方からスタートする」とフェラーリはロシアGPのプレビューリリースのなかに記している。


「新しいユニットにはアップデートされたハイブリッドシステムが搭載される」

2021年F1第15戦ロシアGP 木曜にコース下見を行うシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第15戦ロシアGP 木曜にコース下見を行うシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 フェラーリは、2台の現時点でのパワーユニットの状況を考慮し、ルクレールのエレメントを最初にアップグレードすると説明した。ルクレールはすでにシーズン中に使用が許されるエレメント数に達しているため、この交換によるペナルティで後方グリッドへと降格される。


「新しい技術コンポーネントを導入することを数週間前からお知らせしていたが、ロシアGPで導入することになった」とフェラーリ。


「その一番の目的は、2022年マシンプロジェクトに向けて経験を得ることである」


「シャルルが最初に新しいハイブリッドシステムを使用する。彼はハンガリーGPでアクシデントに遭ったことでバッテリーパックにダメージを受けており、それを使用することによるリスクを考慮した予防的措置として、そういう決定を下した。ソチでシャルルは、新しいパワーユニットを使用し、それによりグリッド後方からのスタートになる」


「カルロス(・サインツ)のマシンにアップデート版ハイブリッドシステムを導入する時期については、競争力とペナルティの影響の適切な妥協点を評価したうえで決定する」


 以前にチーム代表マッティア・ビノットは、新パワーユニットについて、「シーズン終盤に大きな改善を果たすことになる。さらに重要なのは、2022年に向けて経験を積むことだ」と語っていた。



(autosport web)




レース

11/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号