F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「優勝はしたものの、メルセデスの速さを再確認」/F1第2戦決勝

2021年4月19日

 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは11位だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 バーレーンでは接戦の末に敗れただけに、今日勝利を飾ることができて非常にうれしい。マックスは全くミスをせず、非のうちどころのないレースをした。チームもピットストップを完璧なタイミングで行った。そういった仕事のおかげでこの重要な勝利をつかむことができた。


 気合いを入れてレースに臨んだマックスは、スタートを見事に決めて、勢いに乗ってターン1へと飛び込んだ。そこで(ルイス・ハミルトンとマックスという)ふたりのタフなドライバーがポジションをめぐって限界までプッシュした。こういうシーンを見られて、誰もが喜んだことだろう。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル

 今日のルイスは相変わらず速く、特にレース終盤にはタイヤのデグラデーションが低くてペースが非常に良かった。今日は彼らのマシンの方が速かったかもしれない。それでも我々はシーズン初優勝を飾ることができたのだから喜ばしい。


 昨日は見事な結果を出したセルジオだが、今日は何もかもがうまくいかず、彼にとって残念な一日になった。だがマシンになじみつつあるのは確かなので、強さを増して戻ってくると断言できる。


 今の好調さを足掛かりにして、勢いを加速させていきたい。どうにかしてメルセデスにプレッシャーをかけ続けていく必要があるのだ。



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号