F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラティフィ「クラッシュは僕のミスでマゼピンが見えていなかった。チームに申し訳ない」:ウイリアムズ F1第2戦決勝

2021年4月20日

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィはリタイアでレースを終えた。ラティフィはオープニングラップでニキータ・マゼピン(ハース)と接触してウォールにクラッシュ、ラッセルは31周目にバルテリ・ボッタス(メルセデス)とスピン状態で接触してウォールに激しくクラッシュした。これよりレースは赤旗中断となったが、ラッセルとボッタスの接触はレーシングインシデントであると判断され、どちらのドライバーにもペナルティは科されなかった。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=リタイア
 とても不運な出来事であり、避けることもできたアクシデントだと思う。バルテリ(・ボッタス)は厳しいディフェンスをしていた。彼にはそうする権利があり、そのこと自体は問題ではない。あの場所でコースは左にカーブしていて、彼はそこを真っすぐに走るラインを取った。あの時のコンディションでは、路面が乾いているラインは1本しかなく、あのようなことになるのは当然の結末だった。釈然としないところはあるけど、これがF1というものだ。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP クラッシュしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)のマシン。奥にはジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のマシンも


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=リタイア
 望んでいたような結果で終われず、個人的には悔しい思いだ。あれはトリッキーなコンディションで起きた、僕自身のミスだった。実際、グリッドへの試走でさえ困難なほどで、あれほどひどい水煙はかつて経験したことがなかった。


 スピンしたのはリアを軽くロックさせてしまったためで、そこからコースに戻ることができて、最初はコースの左側にとどまっていた。ドライバーはみんな右側へ戻るラインを取るから、いきなり右へ寄せてはいけないことは分かっていたんだ。ただ、本来のラインに戻った時に、そこに(ニキータ・)マゼピンがいるのが見えていなかった。彼と接触したために、僕のクルマがウォールに突っ込んだということも、リプレイを見て理解できたんだ。不運な週末の終わり方だった。あれは僕のミスであり、チームには本当に申し訳ないと思っている。

ジョージ・ラッセル&ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ウイリアムズのジョージ・ラッセル(前)とニコラス・ラティフィ(後)



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号