F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1首脳、ベッテルと同様にルクレールにも非があると主張。フェラーリの対応にも批判的

2019年10月4日

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、過去数レースでフェラーリに生じている緊張状態に関しては、シャルル・ルクレールにもセバスチャン・ベッテルと同様の責任があると述べている。


 前戦ロシアGPでは、レース序盤にベッテルがチームオーダーに従わず、チーム内に緊張が走る場面があった。フェラーリはレース前、ポールシッターのルクレールが3番グリッドのベッテルにトウ(スリップストリーム)を使わせてフェラーリ1−2を達成するというプランを立て、ドライバーたちもこれに同意していたが、ベッテルはスタート直後にトップに立った後、ポジションをルクレールに返すようにとのチームの指示に従うことを拒んだのだ。


 結局、ピットストップでルクレールがアンダーカットする形でベッテルの前に出た後、ベッテルのマシンに信頼性の問題が発生。ルクレールはメルセデス勢に敗れ、3位に終わった。


 マルコは、ロシアGPでベッテルがチームオーダーに消極的な姿勢をとったことの原因は、ルクレールにあると考えている。


「ベッテルがソチでルールに従わなかったというのなら、ルクレールもモンツァでルールに従わなかったではないか」とマルコは『Servus TV』で論じた。


「彼は予選でベッテルにスリップストリームを使わせるはずだった。彼は間違いなく緊張状態を作り出すことに加担している」


 マルコはフェラーリのチーム戦術についても感心しておらず、チームの公正さに疑問を呈した。


「ベッテルが前にいることにルクレールが不満を漏らした際に、エンジニアは『心配するな、ピットストップで解決する』と言った」


「それはつまり『ピットストップで状況を操作する』という意味だ。それは不公平なことであり、スポーツではない」


「フェラーリにとって、すべての状況がすでに十分難しいものであるというのに、なぜ意図的にドライバーたちを敵対させ、さらに状況を悪くするのだろうね」とマルコは締めくくった。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報