F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1代表、混乱のロシアGPの後、ベッテルと「前向きかつ建設的なミーティング」

2019年10月3日

 セバスチャン・ベッテルはF1ロシアGP後、フェラーリの本拠マラネロを訪れ、日本GPの準備をするとともに、チーム代表マッティア・ビノットとミーティングを行った。


 ロシアGP決勝前、フェラーリは1−2体制を確実に築くため、ポールシッターのシャルル・ルクレールのトウ(スリップストリーム)を3番グリッドのベッテルに使わせることを決めていた。それによりベッテルがトップに立ったため、チームはポジションを入れ替えようとしたが、ベッテルはその指示に従わなかった。結局、ベッテルはピットストップによってリードを失った後、パワーユニットのトラブルでリタイアした。

2019年F1第16戦ロシアGP日曜 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がリタイア
2019年F1第16戦ロシアGP日曜 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がリタイア

 この一件でフェラーリ内部に軋轢が生まれるのではないかと危惧されるなか、ベッテルが今週、マラネロを訪問したことが明らかになった。


 フェラーリは、ベッテルがビノット代表と「前向きかつ建設的なミーティング」を行い、その後、日本GPの準備としてシミュレーターに乗ったと発表した。


 ベッテルは今週、トニーカートチームと共にイタリア・ロナートのコースでカートのテストも行っている。7日、8日にスペイン・バルセロナで開催されるピレリF1の2020年用タイヤテストに参加、その後、日本GPに臨むハードスケジュールになっている。



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 24:00〜25:00
予選 翌3:00〜
11/17(日) 決勝 翌2:10〜


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報