F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビサのスポンサー、パーツ温存のためのリタイアを糾弾。「残り5戦を戦うための苦渋の決断」とウイリアムズF1

2019年10月4日

 ウイリアムズF1チームのスポンサーで、ロバート・クビサをサポートするPKNオーレンは、2019年第16戦F1ロシアGPでチームがパーツ不足のためにクビサをリタイアさせた件について、詳しい説明を求めている。


 ロシア決勝半ばにジョージ・ラッセルがトラブルのためにクラッシュしリタイア。その翌周、ウイリアムズはチームメイトのクビサに、ピットに戻ってリタイアするよう指示を出した。チームは後に、今後のフライアウェイ戦に向けてパーツを温存するためクビサをリタイアさせたと説明した。


 PKNオーレンのスポークスパーソン、ジョアンナ・ザクルゼウスカは、ウイリアムズの行動は契約違反に当たる可能性があると示唆した。


「ロバート・クビサがロシアGP決勝でリタイアした件について、私たちはロキット・ウイリアムズ・レーシングに対し、明確化を行うよう正式に要求しました」とザクルゼウスカはSNSを通して表明した。
「その説明に基づき、契約上義務の実行についての措置を講じます」

2019年F1第16戦ロシアGP ロバート・クビサ(ウイリアムズ)
2019年F1第16戦ロシアGP ロバート・クビサ(ウイリアムズ)

 ウイリアムズはラッセルのトラブルと、クビサをリタイアさせた理由について改めて説明した。


「ジョージのマシンのホイールナット・リテーナーに問題があることが分かった」とウイリアムズのシニアレースエンジニア、デイブ・ロブソンが語ったとCrash.netが伝えた。


「それにより右フロントのホイールが完璧な位置になく、ブレーキング時にロックアップを引き起こした」


「この設計は非常に成熟し、実証済みのものである。残りのパーツを徹底的に検査する。問題の再発は起こらないものと考えている」


「残念ながら、我々はロバートのマシンをリタイアさせなければならなかった。シンガポールとロシアでのアクシデントによるダメージを考慮し、今後のグランプリに向けてリスクから自分たちを守るためだった」


「日本とそれ以降のレースに向け、レースの質を向上させるため、我々チームは全力で作業にあたっている」


 ラッセルは、シンガポールでロマン・グロージャンとの接触でクラッシュし、リタイアした。


 クビサは2019年末でウイリアムズを離れることがすでに決まっている。



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 24:00〜25:00
予選 翌3:00〜
11/17(日) 決勝 翌2:10〜


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報