F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、ベッテルの境遇に同情「フェラーリはルクレールを優先しつつある」

2019年10月4日

 ルイス・ハミルトンは、古くからのライバルであるセバスチャン・ベッテルに同情し、”心配”さえしていたと述べている。ベッテルは、才能溢れるシャルル・ルクレールの登場により、フェラーリでの状況が厳しいものになっていると、ハミルトンは言う。


 2019年シーズンの開幕時に、フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットはベッテルに対し、”50対50”の状況では、ルクレールではなく彼にアドバンテージを与えることを明確にしていた。


 しかし徐々に自身の立場を強く主張するようになったルクレールは、予選ではベッテルを上回り、今シーズン最初の2回の優勝をフェラーリにもたらした。


 4度のF1世界チャンピオンであるベッテルが再三ミスを犯し、パフォーマンスが精彩を欠いていることについて、メディアやファンから批判が出ている状況に、ハミルトンは胸を痛めていると語った。


「実は彼のことを心配していた」とハミルトンはロシアGPの週末に『Channel 4』に語った。


「僕は彼のことをよく知っている。同世代だし、調子が出せないことがどのような感じか分かっている。人々は否定的なことを言って見限ってくる。それをチームのなかで感じるんだ。エネルギーに満ち溢れているチームメイトのそばでね」


「ドライバーとして、またアスリートとして、精神的な動揺を経験する時期があることを僕は分かっている。セブはそうした状況を切り抜けているところなんだ」

■「シンガポールでベッテルが勝った時、本当にうれしかった」とハミルトン

 ハミルトンは、フェラーリが今では将来に向けてルクレールだけを当てにしているように感じているという。


「彼のチームメイトは上り調子だ。かなり高い地位にある人たちが『セブは見限られた。彼は終わりだ』と言っている。そういう人たちと話をしたことがある」


「セブはフェラーリではナンバーワンドライバーで、常にチームに優先される立場だったが、(フェラーリでは)今ではすべてがひとりに託されているようだ」


「今ではシャルルがすべてで、彼らは彼に将来を賭けているように見える。今後1年くらいで状況が展開し、そのことが本当だということが分かるようになると思う」

2019年F1ロシアGP ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル
2019年F1ロシアGP ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル

 ハミルトンは、シンガポールGPでベッテルが表彰台の最上段に上ったことを、メルセデスにとって不都合なことではあるが、うれしく思ったという。またハミルトンは、フェラーリSF90の成功にベッテルが大きく貢献してきたことを強調した。


「ドライバーの影響を決して過小評価すべきではないと思う」と32歳のハミルトンは語った。


「あのマシンは何年かかけて開発されているが、開発にシャルルは関係していない。それはチームとともにすべてセブがやった仕事だ」


「だから(シンガポールで)彼が優勝したのを見て、僕は自分は勝てなかったけれど、それでも本当に良い気分だった。なぜなら、実際に優秀で献身的な人間に良いことが起きて、報われたからだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 24:00〜25:00
予選 翌3:00〜
11/17(日) 決勝 翌2:10〜


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報