F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン予選4番手、マクラーレンが0.009秒差に迫るも「実際には0.3秒か0.4秒、僕らの方が速いはずだ」:レッドブル・ホンダ

2019年6月23日

 2019年F1フランスGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手だった。


 フェルスタッペンはQ1をソフトタイヤで走り14番手で通過。Q2では、トラックリミットを超えたとしてその周のラップタイムを取り消されたが、それより速いタイムを出していたため影響はなく、ミディアムで自己ベストタイムをマークして6番手でQ3に進んだ。これによりフェルスタッペンは決勝をミディアムタイヤでスタートできる。Q3でフェルスタッペンはソフトタイヤ2セットでアタック、1分29秒409を記録した。


■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=4番手
 マシンに改良を加え、プラクティスよりも調子を上げて予選を戦うことができた。Q3ではもっとフェラーリに近づけたはずだが、最後のアタックラップがあまりスムーズではなかった。最後の数コーナーで何かが起きて、マシンの挙動がおかしくなったんだ。何があったのか調べる必要がある。それがなければもっとフェラーリに迫ることができたと思う。


 今日は後ろのマクラーレンとの差がほんのわずかしかなかったけれど、実際には0.3秒か0.4秒、僕らの方が速いはずだ。


 今回も可能ななかでベストのグリッドポジションを確保できた。セカンドロウからミディアムタイヤでスタートできるのはいいことだ。表彰台を獲得するには、去年のように多少の運が必要だと思う。ここのサーキットレイアウトは僕らのパッケージとの相性がそれほどよくないからね。でも明日はタイヤマネジメントをうまくやることが何より重要になる。メルセデスと戦えるという確信はないけれど、フェラーリと戦えればいいなと思っている。もちろん全力を尽くし、どこまで行けるかを見てみるよ。

2019年F1第8戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第8戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

(自身の公式サイトのインタビューにおいて、Q3での風の影響について聞かれ)今年のマシンは風に対してすごく敏感で、苦労する。Q3最初のラップではひやっとする瞬間があって、理想的な状況ではなかった。でもこれについてはうまく対応するよう努めるしかない。


(RACEFANSに、0.009秒差だったマクラーレンを脅威に感じているかと聞かれ)それほど心配はしていない。僕らは(予選より)レースパフォーマンスの方が優れていることが多いからね。彼らには予選でのパワーモードがあって、それがかなり強力だ。でも(決勝では)問題ないと思う。


 Q3最後のラップの最後ふたつのコーナーでマシンの挙動がおかしくなったのは残念だった。でも、午前中に苦労していたことを思えば、予選でのマシンはそれほど悪くなかった。それでもストレートでタイムをかなり失っているし、このマシンのパフォーマンスを最大限引き出したともいえない。



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報