F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ルクレール、ベッテルのペナルティを知らせなかったチームを擁護「僕のアプローチは変わらなかった」

2019.06.14

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

陰謀論を否定するフェラーリ
XPB Images
 フェラーリはシャルル・ルクレールに、カナダGPの終了時にチームメイトのセバスチャン・ベッテルのラップタイムに5秒が加算されることを知らせなかった。70周のレース中48周目にコースオフしたベッテルが、メルセデスのルイス・ハミルトンの進路を妨げたことでペナルティを受けたのだ。

 フェラーリ、チーム代表のマッティア・ビノットは、「シャルルには知らせなかった。それは我々の側のミスだった。我々はピットウォールでの作業に忙殺されており、忘れていたのだ。伝えるべきだったが、そうしなかった」と認めた。

 ルクレールはそのことに関して問題はないと主張し、次のように語った。

「なぜなら僕は追いつこうと、とても激しくプッシュしていて、セブ(セバスチャン・ベッテル)とルイスがバトルをしているのが見えたからね」

「自分がとても速いことが分かっていた。僕は追いつきつつあり、とてもハードにプッシュしていた。だから何か起きたら、できる限り上位に近づけるチャンスがあっただろう。だからペナルティのことを知っていたとしても、僕のアプローチは変わらなかった」

 ペナルティ適用後にルクレールがベッテルの1.038秒後にフィニッシュしたことを、陰謀説を唱える人々はフェラーリがルクレールをベッテルに勝たせようとしなかったためだと主張している。

 しかし、レース最後の8周(周回遅れのマシンの渋滞に阻まれた67周目は除く)でルクレールは善戦しており、彼がチェッカーフラッグに向けて全開で走行していたのは明らかだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報