F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム モナコGP編:4台入賞はホンダのF1活動史上2度目の快挙。メルセデスとの優勝争いも大きな収穫

2019年6月3日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第6戦モナコGPを甘口の視点でジャッジ。

----------------------------

 F1第6戦モナコGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンが4位、ピエール・ガスリーは5位、トロロッソのダニール・クビアトが7位、アレクサンダー・アルボンも8位に入り、ホンダのパワーユニットを搭載する4台全車が入賞した。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも「いままで4台完走はありましたが、4台入賞はなかったので良かった。これまでもそのチャンスはありましたが、予選でミスしたり、レースで不運に見舞われたりして、なかなか持てる力を発揮できないレースが続いていたように思います。今回のモナコGPではレッドブルだけでなく、トロロッソも順調な週末を過ごすことができたことが4台入賞につながったと思います」と、レッドブルとともに高いパフォーマンスを発揮したトロロッソを評価していた。

 ホンダのエンジンを搭載するマシンが1つのグランプリで4台同時入賞を果たしたのは、1987年のイギリスGP以来のこと。このときはウイリアムズ・ホンダのナルジェル・マンセルとネルソン・ピケが1-2フィニッシュを飾り、ロータス・ホンダのアイルトン・セナと中嶋悟が3位と4位を獲得した。

 また4台揃っての8位以内でのフィニッシュは1991年のイギリスGP以来となる。このときホンダはマクラーレンとティレルにエンジンを供給し、マクラーレンはゲルハルト・ベルガーが2位、セナが4位、ティレルはステファノ・モデナが7位、中嶋悟が8位だった。ただし、この時代は入賞が6位までだったため、4台そろっての入賞は1987年のイギリスGP以来、32シーズンぶりの快挙だった。

 しかも、ホンダが2チームに同時供給したのは1987年からのことで、この年のイギリスGPが初めて4台そろっての入賞だった。つまり、今回のモナコGPでの4台同時入賞は、ホンダのF1活動史上2度目の快挙だった。

 モナコGPではフェルスタッペンが2番手でチェッカーフラッグを受けながら、レース中のペナルティで5秒加算されて、4位に降格して表彰台は逃したが、この日ホンダは、表彰台よりも大きな収穫を得ていた。

 それはメルセデスと優勝争いしたことだ。11周目にピットインしてタイヤを交換したフェルスタッペンは、ピットアウト後に2番手に浮上し、以後66周に渡ってトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)と優勝争いを演じた。





レース

7/10(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
7/12(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP