F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビサ、F1モナコGPの身体的試練についての疑念を晴らす。「難しい状況のなかでも上手くやれた」

2019年6月2日

 ロバート・クビサは、F1モナコGPでは難易度の高い市街地コースでのレースとなるため、彼の身体能力に疑問を持つ人々の監視にさらされることを承知していたという。しかし、彼は当地で十分な走行を見せたと考えている。


 2011年のラリーでの事故により、クビサの右手の機能は損なわれてしまった。彼はほとんどのコースでその身体的制限の対処に役立つ方法を見出してきたが、モナコのタイトで曲がりくねったレイアウトは大きな難題になると見られていた。


 しかしながらクビサはモナコにおける試練を見事に乗り越えて見せた。


「モナコでは問題はないと分かっていた」とクビサは語った。


「基本的には多くの人々が、僕がステアリングを切ることすらできないと考えていたと思う」


「簡単な状況でないなか、僕は非常に上手くやったと思うし満足している。もちろん、最終結果はもっと良いものにできたかもしれないが、レースではこういうこともある」


「人々はターン1が僕にとって問題になるだろうと言っていた。僕はすべてのレースのターン1やオープニングラップで上手くやってきた。そこにはレースの本能のようなものがあるんだ」


 クビサは実際に強力なスタートを切り、チームメイトのジョージ・ラッセルとアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィを、オープニングラップでオーバーテイクしている。


 ジョビナッツィの無理なオーバーテイクにより、ラスカスで彼と接触してしまったクビサは順位を落とし、挽回は非常に難しい状況になった。


「これはレースだ。この状況でできることはそう多くない。ときにはこんなこともあるさ」とクビサは語った。


「スタートで僕はふたつ順位をあげた。オープニングラップでは、タイヤとペースの管理をしっかりと行なわなければならない」


「セーフティカー導入後は彼らを後ろに抑えていることができたが、ピットインしなければならないことは分かっていた」


「雨が降る可能性が少しあったので、僕はステイアウトすることにした。雨は降ったがほんの少しだった。このケースでは、僕たちの戦略には効果がなかったというわけだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報