F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1スペインGP主催者、カレンダー脱落阻止のためグランプリへの介入と開催支援を政府に促す

2019年6月3日

 スペインGP主催者は同国政府と経済界に対し、バルセロナがF1との契約更新を確保できるように支援を求めている。


 カタロニア・サーキットは1991年以来スペインGPを開催してきた歴史あるコースだが、来年以降のF1開催については現在のところ、F1の商業権保有者であるリバティ・メディアとの契約が締結されていない状況にある。


 2020年のF1にはベトナムGPが追加され、またオランダGPが復帰することから、スペインGPはF1カレンダーから脱落する恐れがある。


 しかしながらカタロニア・サーキット代表のビセンス・アギレラは最近になって、F1との新契約締結に関して自信を伺わせた。


 F1スケジュールの枠を維持する努力が行われている一方、組織委員会であるRACCは金曜日に声明を発表し、「F1開催契約を更新するための緊急の解決策を見出すための政治的意志」が必要とされていると表明した。


「RACCは政権と経済界に対し、バルセロナ−カタロニア・サーキットでのF1世界選手権開催継続を求める」と声明は述べている。


「(我々は)毎年世界中で開催されている、最も重要なスポーツイベントのひとつであるF1の、国内での開催を維持したいと考えている」


「RACCは、カタロニアでのF1グランプリ開催の継続は、ビジネス、経済、スポーツのレベルにおける戦略的決断であると考えており、そのためにより良い解決策を見つけることが急務となっている」


「グランプリ開催はサービス、自動車、旅行、輸送、またエンターテインメントの分野において、1億6300万ユーロ(約197億6500万円)近くの経済効果をもたらし、2700人分の雇用を生み出す」


「同時に、カタロニアでも最も重要なスポーツ施設である同サーキットにとって、F1は鍵となるイベントだ」


「したがって、1969年のモンジュイック・サーキット以来、50年の歴史とともに我が国でのF1開催の最前線にいるRACCは、これからの数年間においてバルセロナ−カタロニア・サーキットがF1開催継続のための安定した契約を結べるよう、カタロニア州政府、スペイン政府、その他の陣営と経済界に対し、協業、合意、支援、そして結束した行動を求めていく」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報