F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム モナコGP編:4台入賞はホンダのF1活動史上2度目の快挙。メルセデスとの優勝争いも大きな収穫

2019年6月3日

 この背景には、「今から思えば、ルイスのタイヤ選択は間違いだったとわかる。ピットストップでわれわれはほかのトップチーム同様、ハードを選ぶべきだったが、あの時点ではミディアムが正しいと考えていた」(トト・ウォルフ/メルセデスF1チーム代表兼CEO)というメルセデスの戦略的なミスも関係していた。ただし、それを誘発させたのは、ピットストップ直前の段階でフェルスタッペンがトップから2.7秒差に迫っていたことも忘れてはならない。

「ハードタイヤは再スタートのウォームアップに懸念があったので、ミディアムを採用した」とメルセデスのチーフレースエンジニアを務めるアンドリュー・ショブリンが説明するように、ピットストップの際、メルセデスはフェルスタッペンの存在が気になっていた。

 2台そろってピットインするメルセデスはハミルトンから1.1秒後方にいた2番手のバルテリ・ボッタスがピットで待たされている間にフェルスタッペンに2番手の座を奪われることも想定していたのだろう。果たして、レッドブル・ホンダにプレッシャーをかけられたメルセデスは、戦略ミスを犯したというわけだ。

 もちろん、現時点でメルセデスが10チーム中、最高のパッケージを有していることは疑いようのない事実である。しかし、レースは想定外のアクシデントが起きたり、天候の急変もある。そういった状況にいかに対応するかも勝負では重要な要素となる。

 ホンダが最後に優勝したのは、2006年のハンガリーGP。13年ぶりに優勝する準備は、しっかりとできていることが確認できた2019年のモナコGPだった。

(Masahiro Owari)





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報