F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【今宮純】イタリアGPドライバー採点&短評

2015年9月8日

☆☆☆☆ フェリペ・マッサ
 モンツァ名物のひとつが、パドック入口でドライバーを待ちかまえる人だかり。日曜の朝、偶然メルセデス・ワゴンと出くわすとマッサ御一行だった。お父さんはサイン責め、息子さんはサンルーフを開けてはしゃぎっぱなし。本人がドアを開けて手を振り上げると「フェ―リッペ!」コールが。2010年、2014年に続く表彰台3位、やるときはやるマッサのラストスパートは巧妙だった。コース幅いっぱいの“ブロックライン”にバルテリ・ボッタスも引かざるを得なかった。

☆☆☆☆ ダニエル・リカルド
 最終ラップ、最後のパラボリカ、そこでエリクソンをかわした。残念ながら国際映像の画面はなし。モンツァでは、こういう名場面が多々あった。どういうトリックを駆使して抜いたのか、生で見た観客の特権だろう。19番手→8位、リカルドのオーバーテイク才能は現役トップレベルと言えるだろう。

☆☆☆☆☆ ルイス・ハミルトン
 モンツァも完璧だった。ポール・トゥ・ウイン、全周回トップ、最速ラップ、F1ではめったにないグランドスラムを達成。イタリアGPで見たのは1990年アイルトン・セナ以来と記憶する。今季7連続ポールポジションで7勝。通算40勝、あとひとつでセバスチャン・ベッテル同様、セナの記録に並ぶ。あの人を追いかけて……それがハミルトンの内なるモチベーション。もしシンガポール、そして鈴鹿で抜いたら、かつてミハエル・シューマッハーが号泣したようにエモーショナルな心境になってしまうかもしれない。独り言だが、いまのルイスはアイルトン全盛期にかなり似てきた気がする。

☆☆☆☆☆ セバスチャン・ベッテル
 これをやりたくて、ここにきた──。フェラーリ移籍後、初モンツァで2位。表彰台ではじけたベッテル。先輩シューマッハーは1996年優勝、アロンソは2010年優勝、ライコネンは2007年3位。迎えられたエースには地元での「宿命」がある。FP1から、どのコーナーでも予選モード、インラップでも適当に流さない走りを感じた。「みんなに観られている」から、やりきるのが跳ね馬エースの矜持。これが実はものすごいプレッシャーになると1950年代から幾多のエースが言っている。25.042秒差の2位に日曜9万人、週末16万人のファンたちは満足。プレスルームから見ていて、今年は歓声や手拍子がエキゾースト音をかき消すほどだった。空中表彰台で有頂天のベッテル、二度とない初めてのフェラーリ母国戦で感動に酔う姿は、これまでのエースと一緒だった。





レース

3/15(金) フリー走行1回目 12:00〜13:30
フリー走行2回目 16:00〜17:30
3/16(土) フリー走行3回目 14:00〜15:00
予選 17:00〜
3/17(日) 決勝 16:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報