F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

記憶に残る無線セレクション2015前編「イヤだよ」

2015年12月30日

 ドライバーとチームが無線で交わした会話から、2015年のF1グランプリを振り返る年末スペシャル企画。今シーズンを象徴する言葉、日常生活でも使ってみたい言葉など、記憶に残った言葉を選び抜き、時系列で前編からプレイバック。

・・・・・・・・・

【第2戦マレーシアGP】セバスチャン・ベッテル ← 「フェラーリ・イズ・バック! ファンタスティコ! グランデ・セブ!」

 開幕戦オーストラリアで、フェラーリ加入初戦にして3位表彰台。そして2戦目のマレーシアではメルセデス勢を抑えて優勝を挙げたベッテル。フェラーリにとっては2013年スペインGP、ベッテル自身にとっても2013年ブラジルGP以来の勝利だった。チームからの祝福の無線に対して、ベッテルは「イエ───! みんなありがとう! フォルツァ・フェラーリ!」とハイテンションで応答。このレースでルイス・ハミルトンはプライムタイヤを履かされて「これは間違ったタイヤだ!」と叫び、ニコ・ロズベルグには「すべてを出し尽くせ。ターゲットは2位フィニッシュだ。コース上でベッテルを抜く必要がある」と指示が飛んだが、ともにベッテル逆転は果たせなかった。なお、ベッテルはマレーシアGPを2015年のベストレースに挙げている。

【第5戦スペインGP】ルイス・ハミルトン → 「不可能だ。別の解決策が必要だ」

 スタートで出遅れてベッテルに抜かれたハミルトンは、ピットストップでもアウトラップでトラフィックに引っかかり逆転できず。チームからは「ベッテルにアタックしてコース上で抜け」との無線が入ったが、ハミルトンは「無理」と答えた。さらに「すでにプランBだ。コース上で抜くしかない」と答えるメルセデス陣営。シーズン終盤、ロズベルグとの攻防で、たびたび「違う戦略」を要求したハミルトン。スペインは、それを予感させる展開となった。ハミルトンは2回目のピットストップでアンダーカットに成功したものの、首位ロズベルグとの差は22秒。「どのくらいのペースで走れば追いつける?」と血気盛んに問いかけるハミルトンに対して、レースエンジニアのピーター・ボニントンは「残り周回数では不可能だ。2位が最適」と冷静に「不可能」返し……。それでもハミルトンは「不可能なんてないんだ!」と、あきらめない姿勢を見せたが、ボニントンの「我々はしっかりと結果を手にしていく必要がある」という言葉を受けて、ロズベルグのシーズン初優勝を受け入れるしかなかった。





レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号