F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

今宮純によるF1パラドックス総括・逆襲への提言

2015年12月30日

「ドライバー採点」「アフター・ザ・レース」などでおなじみの今宮純氏による、ここでしか読めない2015年F1総集編シリーズ。完結編となる第3回は、F1速報web会員限定コンテンツとしての書きおろし。チーム編として「勝者」と「敗者」を取り上げる。

------------------------------------------

ドイツ独裁時代を担う、メルセデスの最強システム

 誤解を恐れずに言うとF1界では「ドイツ独裁」が、ずっと続いている。彼らが造るエンジン、彼らのドライバー、彼らのチームが1998年から18シーズンのほとんどを制してきた。

 1998、1999年はマクラーレンと組みメルセデス・パワーが連覇(ミカ・ハッキネン)。2000年から2004年は皇帝ミハエル・シューマッハーがフェラーリで席巻。2008年に再びマクラーレンとともにメルセデスが反撃(ルイス・ハミルトン)。2009年にはホンダ撤退後のブラウンGPにメルセデスが手を差しのべて初王座(ジェンソン・バトン)。2010年から2013年は、シューマッハーの後継者を自認するセバスチャン・ベッテルがレッドブル・ルノーで4連覇。そして2014年の新パワーユニット時代から満を持してメルセデス・チームが38戦32勝(実に勝率84%!)。エンジン技術力→ドライバー権力→チーム総合力、今年も彼らはF1界を牛耳った。

 ドライバー9冠、エンジン6冠、チーム2冠、ドイツ勢が取りこぼしたのは2005、2006、2007年だけだ。こうしてみると近代F1はドイツのドイツによるドイツのためにあるとさえ思える。しかし2015年、伝統のニュルブルクリンク、ドイツGPは消えた。強くても母国凱旋の場がない王者メルセデスの不幸な現実──。

 一昨年ホッケンハイムのドイツGP、決勝日の公称観客数は5万5000人。この国のF1熱量はシューマッハー全盛期にピークに達してしまい、その後のベッテルやニコ・ロズベルグでは、もう燃えないのだろうか。独走メルセデスは強すぎて飽きられているのか。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号