F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

記憶に残る無線セレクション2015後編「あれ合法?」

2015年12月31日

 ドライバーとチームが無線で交わした会話から、2015年のF1グランプリを振り返る年末スペシャル企画。今シーズンを象徴する言葉、日常生活でも使ってみたい言葉など、記憶に残った言葉を選び抜き、時系列でプレイバック。後編も語り継がれていきそうな「名言」が続きます。

・・・・・・・・・

【第13戦シンガポールGP】マックス・フェルスタッペン → 「ノー!」

 レース終盤、フェルスタッペンの背後にはフレッシュなスーパーソフトタイヤを履いたチームメイトのカルロス・サインツJr.が迫っていた。チームは前を行くセルジオ・ペレス攻略を視野に入れて、フェルスタッペンに「ポジションをスワップしてくれ」と無線を入れたが、フェルスタッペンは断固拒否。レースエンジニアのセビ・プホラルは「マックス、とにかくそうしてくれ」「行かせる必要がある、ポジションを入れ替えろ。カルロスにペレスをパスするチャンスを与える」と再三に渡って語りかけたが、フェルスタッペンは応じなかった。レース後、「十分に接近していなかったのだから、譲らなくて当然だ」と言い切ったフェルスタッペン。思い切りの良いオーバーテイクで評価されたルーキーは、負けん気の強さも相当なものだ。なおメキシコGPでは、サインツJr.がチームの指示どおりフェルスタッペンを前に行かせる場面があり、チーム内にしこりは残っていないようだ。

【第14戦シンガポールGP】フェルナンド・アロンソ → 「GP2エンジン!!」

 2015年シーズン最も知られた無線交信といっても過言ではないだろう。アロンソの発言、ここで取り上げないわけにはいかない。ホンダの地元でパワーユニットへの辛辣な批判ともとれる発言だが、チーム内では、あわてることも怒ることもなく冷静に受け止められていた。常日頃からアロンソは車体にもパワーユニットにも厳しい指摘をしており、お互いに腹を割って話せる間柄を築いているからだ。鈴鹿のレース序盤には「氷の上を走っているみたいだ。ストレートでGP2みたいに抜かれている。すごく恥ずかしいよ。でも、僕はベストを尽くす」と訴えていたアロンソ。パワーだけでなくグリップも不足していて、かなり厳しい状況にあったことが感じられる。





レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号