F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

バトン「フェラーリの改善はホンダにとっても希望」

2015年12月31日

 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、昨年冬にフェラーリのみせた進歩が、今年飛躍を目指すホンダにとっていい参考になると感じている。

 パワーユニット規定が導入された2014シーズン、フェラーリはわずか2度の表彰台に留まったが、今年はメルセデスに最も近い位置につけ、セバスチャン・ベッテルが3勝をマーク。昨年と比べても2倍近いポイントを獲得した。

 一方、今年F1に復帰したホンダはパワーユニットの信頼性とパワー不足に悩まされ、かなりの苦戦を強いられてしまった。しかしながらバトンは、今年のフェラーリが前進への方法を示してくれているという。

「彼ら(フェラーリ)のペースの回復ぶりは素晴らしかった」
「噂では、冬の間に100馬力近い向上を見出したらしい。実際に本当かどうかはわからないが、彼らは何かを見つけて様々な場面でメルセデスと戦うことができた。素晴らしかったね」

「我々がそのようなことを達成するにはさらに大きなステップが必要だ。でも、それは冬の間にできると思っているよ」

 バトンは、マクラーレン・ホンダのパートナーシップ再開による運営上の問題点を拭い去さらなければならないという。

「両者それぞれが問題を抱えていると思う」とバトン。
「ホンダだけが全ての非難を受けるべきじゃないし、他にも問題があると思う。今年、僕らはたくさんの問題を抱えた。だが出来る限り早く解決しなければならないんだ。来シーズンはすぐそこまで来ているからね」

「おそらく我々にとって長く、大変な冬になると思う。だけど、それと同時にエキサイティングなものにもなるだろう」

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号