F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツがキャリア2度目のポール。ルクレールはグリッド降格、フェルスタッペンが最前列スタートへ【予選レポート/F1第19戦】

2022年10月23日

 2022年F1第19戦アメリカGPの予選が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は15番手だった。


 COTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)は、土曜日も雲ひとつない快晴。ただ予選2時間前に終了したFP3では強い南風が吹き荒れ、各車マシンバランスに苦労していた。同セッション最速は、フェルスタッペン。中古ソフトタイヤながら全区間最速で、2番手ルクレールにコンマ3秒以上の差をつけた。


 予選の始まる現地時間午後5時の時点で、気温30.5度、路面温度37.2度、南東の風は風速6mと、依然として強い。


 予選セッションの始まる直前、レッドブル創設者ディートリッヒ・マテシッツの死去が発表され(享年78歳)、同じオーストリア出身のメルセデスのトト・ウォルフ代表をはじめ、悼む声が相次いだ。


 Q1最初のアタックでは、ルクレールが1分35秒795で首位に立った。0.069秒差でフェルスタッペン、コンマ3秒落ちでルイス・ハミルトン(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が続く。中団勢はかなりの接近戦。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が9番手につけたのに対し、コンマ2秒落ちの角田は16番手に留まっている。10番手だった周冠宇(アルファロメオ)はターン12でトラックリミット違反に問われ、タイムが抹消された。


 2回目のアタックはレッドブル、フェラーリ勢以外の16台がコースイン。角田は13番手でQ2進出を果たした一方で、コンストラクターズ選手権で激しく4位争いをするマクラーレンのダニエル・リカルド、アルピーヌのエステバン・オコンがそれぞれ17、18番手に終わる。他にQ1落ちは、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ミック・シューマッハー(ハース)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)だった。


 Q2最初のアタックは、ラッセル、アロンソ以外が中古ソフトを選択。ここでもルクレールがフェルスタッペンに0.048秒の僅差でトップを堅持した。3番手サインツ、ニュータイヤのラッセルが4番手。アロンソは7番手に留まった。角田は暫定12番手、ガスリーはターン1のブレーキングでタイヤをロックさせてノータイム。「タイヤが温まっていない」と、ガスリー自身は訴えている。前戦日本GPで見舞われた、ブレーキトラブルの再発でなければいいのだが。


 2セット目のアタック。角田はガスリーよりコンマ3秒速い1分36秒439の自己ベストで一時9番手につけたものの、ターン9のトラックリミット違反でタイム抹消。15番手に終わった。他にQ2落ちは、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ガスリー、周だった。ガスリーはやはりブレーキに問題を抱えているようで、「なぜ連続してターン1と11(のヘビーブレーキング)で同じ問題が起きるんだ!」と、怒りを露にしている。


 フェルスタッペンはQ3最初のアタックも、中古ソフトで出走。FP3で2セットの新品ソフトを使ったため、予選は3セットのニュータイヤで臨んだ。少なくともフェルスタッペンの決勝レースは、ミディアム、ハード主体のタイヤ戦略になることは明らかだ。


 ともにニュータイヤを履いたルクレール、サインツが、1回目のアタックで1-2を独占。フェラーリ勢だけが、1分34秒台に入った。ただしルクレールはパワーユニット交換で、10グリッド降格が決まっている。同じくニュータイヤのハミルトンが3番手、フェルスタッペンはルクレールからコンマ4秒落ちの4番手だった。


 残り3分という早いタイミングで、フェルスタッペンがニュータイヤでのアタックに出て行った。しかし1周目のアタックは見合わせ、2周目に賭ける。セクター2で最速タイムを叩き出すが、最終区間でタイムロスを喫し、3番手に終わった。サインツが1分34秒336で、イギリスGPでの初ポール以来、キャリア2度目のポールポジションを獲得した。ルクレールが2番手に入ったがグリッド降格のため、フェルスタッペンがフロントロウに繰り上がる。


 4番手ペレス、5番手ハミルトン、6番手ラッセル、7番手ランス・ストロール(アストンマーティン)、8番手ランド・ノリス(マクラーレン)、9番手アロンソ、10番手バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)。アロンソもICE交換で5番グリッド降格となる。

2022年F1第19戦アメリカGP 予選
2022年F1第19戦アメリカGP予選 左から2番手シャルル・ルクレール(フェラーリ)、PPカルロス・サインツ(フェラーリ)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編