F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンのノリスがトップタイム【タイム結果】F1第3戦オーストラリアGPフリー走行3回目

2022年4月9日

 2022年F1第3戦オーストラリアGPのフリー走行1回目が行われ、マクラーレンのランド・ノリスがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)となっている。アルファタウリの角田裕毅は10番手だった。


 アルバートパーク・サーキットではコースの改修が行われ、DRSゾーンは4箇所となっていたが、安全上の理由により3箇所に変更された。これによりDRS検出ポイント1はターン9の手前となり、最初のアクティベーションポイントはターン10の後となる。


 気温24度、路面温度32度というコンディションで、現地時間13時にセッションがスタート。序盤はレッドブルのマックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤで1分21秒178、僚友セルジオ・ペレスが1分21秒024で1-2に並ぶ。ソフトタイヤのシャルル・ルクレール(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)などがそれを上回り、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が1分20秒119で首位に立った。


 開始から20分、ターン10でセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)のマシンのリヤがスナップしてコースオフし、ベッテルはそのままウォールにクラッシュしてしまった。自力でマシンを降りたベッテルだが、ウォールにぶつかったマシンの左側は大きなダメージを負ったようだ。マシンを撤去するためセッションは赤旗中断となり、残り時間29分のところで再開された。


 再開後は多くのマシンがソフトタイヤを履くなか、トップのアロンソはさらに1分19秒660まで自己ベストを縮めるが、それをペレスやカルロス・サインツ(フェラーリ)が上回る。フェルスタッペンはミディアムで走行を続けるが、スピンを喫した。無線ではスピンの理由がわからないと伝えており、マシンバランスに悩まされている様子だ。


 終盤にはマクラーレンのランド・ノリスが1分19秒117で首位に浮上。チームメイトのダニエル・リカルドも1分19秒693とこの時点で5番手につけた。フェルスタッペンもソフトを投入して走行を続けていたが、残り時間4分を切ったところでランス・ストロール(アストンマーティン)がターン11で止まりきれずにウォールにクラッシュ。セッションは再び赤旗中断となり、FP3は再開されずにこれで終了となった。


■2022年F1第3戦オーストラリアGPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
14L.ノリスマクラーレン1’19.11712
216C.ルクレールフェラーリ1’19.24915
311S.ペレスレッドブル1’19.26517
414F.アロンソアルピーヌ1’19.27515
555C.サインツフェラーリ1’19.41917
63D.リカルドマクラーレン1’19.69314
71M.フェルスタッペンレッドブル1’19.80916
844L.ハミルトンメルセデス1’19.89613
977V.ボッタスアルファロメオ1’20.00817
1022角田裕毅アルファタウリ1’20.07112
1163G.ラッセルメルセデス1’20.09616
1210P.ガスリーアルファタウリ1’20.13314
1331E.オコンアルピーヌ1’20.20514
1447M.シューマッハーハース1’20.69217
1524周冠宇アルファロメオ1’20.83616
1623A.アルボンウイリアムズ1’20.95816
1720Kマグヌッセンハース1’21.02514
186N.ラティフィウイリアムズ1’21.05014
1918L.ストロールアストンマーティン1’21.63611
205S.ベッテルアストンマーティンNo Time5


(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編