F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1バーレーンGP FP1:アルファタウリのガスリーが首位発進。テストから好調のフェラーリ勢が2、3番手

2022年3月18日

 2022年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行1回目が行われ、アルファタウリのピエール・ガスリーがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。アルファタウリの角田裕毅は9番手だった。


 2022年シーズンの最初のセッション。車体の技術規約が大きく変わり、各チームは実に個性的なデザインのマシンを繰り出してきた。果たして昨年同様、メルセデスとレッドブルが2強として君臨するのか、それとも新たな勢力が台頭するのか。


 今季からレース週末は金〜日曜日の3日間に集約され、初日フリー走行は両セッションとも基本的に午後に行われることになった。開幕戦FP1は雲ひとつない快晴の下、現地時間午後3時にスタート。気温は20度と比較的涼しめだが、路面温度は36.5度まで上昇した。メインストレートでは、やや強い向かい風が吹いている。


 シーズン最初にコースインしたのは、テストで好調が伝えられるルクレールだった。新型コロナウイルス陽性で休場したセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)の代役として急きょ抜擢された二コ・ヒュルケンベルグ、今季唯一の新人周冠宇(アルファロメオ)、そして角田も、相次いでピットから出て行った。


 開始直後、アルファロメオのバルテリ・ボッタスが「エンジンがミスファイアしている」と、緊急ピットイン。さらに開始後7分には、エステバン・オコンのアルピーヌの右側サイドポッドのカウルが派手に破れ、コース上に散乱。早くも赤旗中断となった。


 13分後にセッション再開。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がミディアムタイヤで最速タイムを更新し続けている。30分を過ぎた時点で、首位はフェルスタッペンの1分34秒742。コンマ4秒落ちの2番手は、ソフトタイヤのフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)。3番手セルジオ・ペレス(レッドブル)はミディアム。ルクレールはハードタイヤで4番手。アルファタウリ勢はともにハードで、ガスリー10番手、角田11番手だ。


 終了20分前、角田とジョージ・ラッセル(メルセデス)がほぼ同じタイミングで、ソフト新品を履いて出て行った。直後にはルクレールがミディアム新品で後を追う。


 ラッセルが、1分34秒629でトップを奪う。角田は1分35秒061で4番手。ルクレールはターン11でコースオフしてタイム更新はならなかった。そしてガスリーがソフトで1分34秒193を叩き出し、首位の座に。ルクレールは次の周回でコンマ3秒落ちの2番手、サインツも3番手に付けた。フェラーリはともにミディアムだ。


 60分のセッションが終了し、ガスリー、ルクレール、サインツのトップ3は変わらず。4番手ラッセルは、ガスリーからコンマ4秒落ち。5番手フェルスタッペン(ミディアム)、6番手ランス・ストロール(アストンマーティン/ソフト)、7番手ルイス・ハミルトン(メルセデス/ソフト)、8番手アロンソ(ソフト)、9番手角田(ソフト)、10番手ペレス(ミディアム)。フェラーリと同じように飛躍が期待されるマクラーレンは、ランド・ノリス16番手、ダニエル・リカルド17番手に留まった。ボッタスは1周しか走れず、最下位に終わった。

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第1戦バーレーンGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第1戦バーレーンGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第1戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ)

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第1戦バーレーンGP 周冠宇(アルファロメオ)

ニコ・ヒュルケンベルグ(アストンマーティン)
2022年F1第1戦バーレーンGP ニコ・ヒュルケンベルグ(アストンマーティン)



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編