F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

イタリアGP FP2:メルセデス勢が1-2、フェルスタッペンが3番手に。フェラーリのサインツがクラッシュ

2021年9月11日

 2021年F1第14戦イタリアGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは4番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手、角田裕毅は15番手となっている。


 今季2回目となるスプリント予選。モンツァ・サーキットは2日目も穏やかな晴天。セッションのはじまる現地時間正午の時点で気温25度、路面温度35度、微風というコンディションだ。


 すでに初日予選前にパルクフェルメ規定が適用されているため、これから行われる2日目のフリー走行で車体やパワーユニットに大きな変更を施すことはできない。ロングランペースの確認や、エネルギーマネージメントの調整くらいか。やれることが限られていることもあってか、メルセデスの2台、アルピーヌの2台、フェルスタッペン、ガスリーらはずっとガレージにこもったままだ。


 それでもセッション開始後10分、ガスリー、ハミルトン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がようやく出て行った。フェルスタッペン、ハミルトンをはじめとして、計9台が中古ソフトでの走行を試している。


 このあとのスプリント予選はタイヤ交換の義務がなく、18周をミディアムで走りきることをピレリは予想している。しかしソフトで序盤から順位を上げていく選択肢もあるわけで、ソフトタイヤの持ち具合を確認しているのだろう。一方でボッタスはハードを装着。4基目のパワーユニット投入で、決勝レースは最後尾スタートが確定している。それを見据えているのだろう。


 セッション前半は、ソフトのフェルスタッペンが1分23秒754でトップ。ミディアムのセルジオ・ペレスが2番手につけている。ガスリー、角田もミディアムで3、6番手と、まずまずの速さを見せている。


 開始後25分、カルロス・サインツ(フェラーリ)がアスカリシケインで激しくクラッシュ。マシン前部を大破して、セッションは赤旗中断となった。「大丈夫か」というエンジニアからの問いかけに、うめき声で答えており、かなり痛そうだ。ノーズの損傷も激しく、モノコックまで壊れている恐れもある。


 14分後にセッション再開。ともにソフトを装着したハミルトン、ボッタスが1-2タイムを叩き出す。3番手に後退したフェルスタッペンは、首位ハミルトンにコンマ5秒差をつけられた。4番手ペレス、5番手エステバン・オコン(アルピーヌ)、6、7番手にアルファロメオのロバート・クビサ、アントニオ・ジョビナッツィが入り、ガスリーは9番手だった。


 15番手の角田はミディアム16周、ソフト16周のロングランをこなし、全20台中最多の32周を走り切った。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第14戦イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第14戦イタリアGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

ロバート・クビサ(アルファロメオ)
2021年F1第14戦イタリアGP ロバート・クビサ(アルファロメオ)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第14戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号