F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

イギリスGP FP1:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが首位。ノリス、ハミルトンが続き、角田は12番手に

2021年7月16日

 2021年F1第10戦イギリスGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは8番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは11番手、角田裕毅は12番手となっている。


『スプリント予選』という新フォーマットが試験導入される今週末のイギリスGP。具体的には初日最初のフリー走行、FP1はこれまでと同じだが、FP2の代わりに通常なら2日目に予定されていた予選が行われる。そして2日目にFP2、その後スプリント予選と呼ばれる17周のレースが戦われ、その順位をもとに日曜日の決勝レースという流れだ。


 さらに今週末は、第9戦オーストリアGPでテストされた新構造のリヤタイヤが実戦投入される。シルバーストンはタイヤへの負荷が群を抜いて高いため、最も固いC1、C2、C3が選ばれた。


 イギリスは大規模イベントの開催規制を大幅に緩めており、F1イギリスGPも日曜には最大14万人の観客が見込まれている。すでに初日FP1から、グランドスタンドは決勝日と見紛うほどの大観衆が、しかもほぼ全員がマスクなしで詰めかけている。


 現地時間午後2時30分の開始時点で、シルバーストン上空は快晴、気温25度、路面温度43度、微風という絶好のレースコンディションだ。今回のスプリント予選フォーマットでは、FP1終了時点で車体、パワーユニット(PU)は大幅なセッティング変更ができなくなる。言い換えればこの60分のセッションで、予選、レースに向けての車体、パワーユニットの最適化を済ませなければならないということだ。そのため各マシンはセッション開始時点から、休む間もなく周回を重ねている。


 セッション序盤のタイヤ選択は、ミディアムタイヤとハードタイヤに二分された。ミディアムのルイス・ハミルトン(メルセデス)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1-2、ハードのエステバン・オコン(アルピーヌ)、フェルスタッペンがトップからそれぞれ0.7、0.9秒落ちで3、4番手、5番手にハードのペレスという展開だ。アルファタウリ勢はいずれもミディアムで、角田9番手、ガスリー10番手と、序盤からまずまずの順位に付けている。


 開始後18分、ミディアムのペレスがトップに立った。直後にフェルスタッペンが同じミディアムで、1分28秒179のトップタイムを叩き出した。チームメイトに0.676秒差、メルセデス2台には1.1秒以上の大差を付けている。挙動は非常に安定しており、事前のイニシャルセッティングが成功しているようだ。ただしフェルスタッペン自身は、「終盤のコーナーでパワーがない」と、デプロイに不満を漏らしている。PUモード調整の指示を受けたフェルスタッペンは、最速タイムを0.4秒縮めてみせた。


 セッション序盤はハードで下位に沈んでいたフェラーリの2台だが、中盤ミディアムに履き替えるとまずシャルル・ルクレールが3番手、カルロス・サインツも5番手まで順位を上げた。シルバーストンを本拠地とするアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルが4番手と健闘している。


 メルセデスはここまでミディアムのみで走行。ともに18周のデータを収集した。一方レッドブル・ホンダは、3種類のコンパウンドをハード、ミディアム、ソフトの順で満遍なく試している。フェルスタッペンはソフトで1分27秒035と、自身の最速タイムを更新した。


 このセッションでのトラブルやクラッシュは、この週末の致命傷になりうることを誰もが自覚しているのだろう。全車が無傷でチェッカーを受けた。360度スピンを喫したサインツも、すぐに周回を再開した。


 このセッションのトップはフェルスタッペン、一度もソフトを試さなかったランド・ノリス(マクラーレン)が0.7秒差で2番手、終盤にソフトを履いたハミルトンが、首位から0.7秒以上遅れて3番手。ルクレールがハミルトンから0.013秒の僅差で4番手、ボッタス、サインツ、ベッテルが5、6、7番手に続き、ペレスは8番手に留まった。アルファタウリの2台はソフトで自己ベストを更新できず、ガスリー11番手、角田12番手だった。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第10戦イギリスGP ランド・ノリス(マクラーレン)

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第10戦イギリスGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(Kunio Shibata)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号