F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD会見:スプリント予選導入で「チャレンジングな週末になる」メルセデス以外のチームの競争力向上も警戒

2021年7月16日

 ホンダ黄金期の1988年以来となる5連勝、特に直近のオーストリア2連戦でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、ポールポジションスタートからチェッカーまでの全ラップで首位を独走した。そんな優位性のもとに臨む今週末の第10戦イギリスGPだが、「シルバーストンはもともとメルセデスが得意としてきたサーキット」だと、ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは警戒心を隠さない。


 さらに今回は、『スプリント予選』という新フォーマットが導入される。条件は全チーム同じとはいえ、わずか60分のフリー走行1回だけで車体、パワーユニット(PU)双方の最適化を進めなければならない状況に、田辺TDは「非常にチャレンジングな週末になる」「迅速的確な作業が求められる」と、いつも以上に気を引き締めていた。


────────────────────


──5連勝を果たし、メルセデスとの差はさらに広がりました。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):確かにいい流れでここまで来ていますが、シルバーストンはメルセデスが得意とするサーキットです。他の多くのチームもイギリスを本拠地にしていることもあって、戦闘力を上げてくるでしょう。いつも以上に難しい週末になることが予想されます。さらに今回は、そこにスプリント予選という未知の要素が加わる。通常は3回のフリー走行を経て予選を戦うのが、1時間1回だけのフリー走行で、パワーユニット(PU)、車体両方の最適化を進めないといけません。非常にチャレンジングな週末になるでしょう。


──シルバーストンといえば、変わりやすい天候が名物です。


田辺TD:今日の時点ではシルバーストンは寒いのですが、明日以降は気温28度ぐらいまで上がりそうで、天気もよさそうです。観客も日曜には14万人が予想されていて、多くの声援を受けること自体は非常に心強いです。


──スプリント予選は通常のフォーマットに比べて、具体的にどれほど大変なんでしょう。


田辺TD:通常はFP1は機能確認、そこからFP2、FP3と、車体、PU両方のセットアップを徐々に詰めていくわけです。それを今回はすべて、FP1だけでしないといけない。どれだけ大変かと言えば、シルバーストンはもちろん走り慣れたサーキットですが、今季のマシンでは初めてですし、その状態で今週末のコンディションに、1時間だけのセッションで合わせていかないといけない。事前シミュレーションはするし、考えられる準備はしてきたとはいえ、迅速的確な作業が求められますね。


──となると、あまり攻めたセッティングではなく、コンサバかつ妥協を強いられたものになるのでしょうか。


田辺TD:何をもってコンサバというかですが、最適化に向けてベストを尽くすつもりです。

セルジオ・ペレス&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

ピエール・ガスリー&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP ピエール・ガスリー&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)


──FP1のあと、予選に向けてパワーユニットを積み替えることはないですか?


田辺TD:そのやりくりはちょっと厳しいですね。おそらく他もそうだと思いますが、今週末は最初から1基だけで走り切るつもりです。


──去年のイモラ(エミリア・ロマーニャGP)も90分でしたが、1回だけのフリー走行でした。それに対し今回はどんな難しさがありますか。今回はFP2もありますので、決勝用のエネマネなどは、そこでやるのでしょうか。


田辺TD:90分が60分に減ったのはもちろん厳しいですし、走り出しの路面は完全にクリーンで、そこから徐々にグリップが増していくわけで、その点も単に30分縮まっただけではない難しさがあります。あとはFP2をどう使うかですね。ICE自体のモードはFP1終了時点で固定ですが、回生エネルギーに関してはいろいろ見直すことができますから。


──イギリスGPは観客を目一杯入れるわけですが、F1が観客を入れて開催することをどう見ていますか。日本GPのことも見据えて、お願いします。


田辺TD:あくまで個人的な見解として聞いてほしいのですが、オーストリアGPで私自身が表彰台に上がった時、あれだけのファンが集まった光景を久しぶりに見て、本当に懐かしかったし、嬉しく思いました。やはりモータスポーツは生で見ていただきたいし、ファンの現地での応援が我々にも大きな励みになる。そんな世界が1日も早く戻ってくることを、強く望んでいます。

2021年F1第9戦オーストリアGP
2021年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の応援に訪れたファン。通称“オレンジ・アーミー”



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号