F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第12戦無線レビュー(1)】「いいコールだ」絶妙なタイミングのピットインで順位を上げたフェルスタッペン

2024年7月11日

 2024年F1第12戦イギリスGP。今年のイギリスGPは、イギリス人ドライバーがトップ3からスタート。ドライからウエットに変わる難しいコンディションのなか、上位勢はわずかの差でポジションを上げた者、下げた者に別れる展開となった。イギリスGP前半を無線とともに振り返る。


────────────────────


 決勝レースの行われた日曜日は昼過ぎまで雨が降り、グリッドに向かうドライバーたちはインターミディエイトタイヤを装着した。ここでピエール・ガスリー(アルピーヌ)に問題が発生した。


カレル・ルース(→ガスリー):問題がある。ギヤボックスのようだ。


 ガスリーはフォーメーションラップを終えてガレージに入り、1周もせずレースを終えた。


 スタートでは直後の混乱状態のなか、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)がフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)と接触する。


アルボン:左フロントにダメージを負ったみたいだ。
ジェームズ・アーウィン:空力にダメージがあるようだ。プレッシャー(タイヤの内圧)には、問題ない。


 すぐ後ろを走るローガン・サージェント(ウイリアムズ)もピットに報告した。


サージェント:アレックスのクルマから大きなパーツが取れそうだ!

アレクサンダー・アルボン&ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第12戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン&ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 スタートタイヤは全車がスリック。しかし雨雲が刻々とサーキット上空に迫っていた。いつ、どの方向から来るのか。チームによって異なる情報が錯綜した。


2周目
ピーター・ボニントン(→ルイス・ハミルトン):25分後に雨だ。


4周目
ウィル・ジョゼフ(→ランド・ノリス):6周目に軽い雨が来そうだ。T15(ストウ)だね。


6周目
ジャンピエロ・ランビアーゼ(→マックス・フェルスタッペン):雨の可能性が増している。16周目あたりだ。


9周目
ブライアン・ボッツィ(→シャルル・ルクレール):雨が降る。強そうだ。

2024年F1第12戦イギリスGP スタートシーン
2024年F1第12戦イギリスGP スタート


 実際には17周目前後から小雨が降り始めた。結果的にはレッドブルの気象分析が、一番正確だったことになる。11周目以降、上位勢の無線でのやりとりが慌ただしくなった。


11周目
ジョゼフ(→ノリス):10分後に雨が来る。その時にどうするか。シンプルな決断で行こう。


トム・スタラード(→オスカー・ピアストリ):雨粒がターン7から来るぞ。そのあと、ターン11で雨だ。
ピアストリ:あちこちで、もうパラパラ来てるよ。


ランビアーゼ(→フェルスタッペン):最初の雨は5分続いて、すぐに止む。そのあとは、長く降る。


15周目
ジョージ・ラッセル:誰か飛び出したら、教えてくれ。雨が少し強くなっている


16周目
ボッツィ(→ルクレール):すぐに強い雨がくるぞ


 ハーフウエット路面でのマクラーレンは速い。ノリス、ピアストリが、3番手まで上がっていたフェルスタッペンを次々に抜いて行った。フェルスタッペンに「焦るな」とランビアーゼが指示する。

ランド・ノリス(マクラーレン)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2024年F1第12戦イギリスGP ランド・ノリス(マクラーレン)がマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をオーバーテイク


17周目
ランビアーゼ(→フェルスタッペン):ターゲットは、この雨を生き残ることだからな。


 18周目、首位を行くラッセルをハミルトンがパス。直後に2台は揃ってコースオフを喫し、それでもすぐにコース復帰。3番手ノリスのすぐ前で戻ってきた。「危険な運転だ」とノリスがアピールする。


18周目
ノリス:ふたりとも、あまり安全ではない方法で戻って来たぞ


 しかしスチュワードが動くことはなかった。


 19周目、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とセルジオ・ペレス(レッドブル)がインターミディエイトに履き替える賭けに出た。しかし雨は思ったほど降らず、2台は最後尾近くまで後退してしまう。


20周目
ペレス:路面が乾きすぎているよ。

セルジオ・ペレス(レッドブル)
2024年F1第12戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル)


21周目
ボニントン:そろそろインターのタイミングじゃないか。どう思う?
ハミルトン:いや、まだ大部分、乾いている。


ボッツィ:スリックの方が3〜4秒速い。タイヤを殺さないよう、気をつけてくれ。雨が強くなるのを待とう。
ルクレール:強く降ることなんて、ないんじゃないか? もうタイヤがダメになりかかってる。とにかく天気のアップデートを頼む。
ボッツィ:3周後に雨だ、3周後だ。
ルクレール:だったら、全然話は別だ。
ボッツィ:とにかく今のタイヤを持たせるんだ。


 結局、ルクレールのインターは壊れてしまい、2セット目のインターに履き替えるはめに。戦略は完全に裏目に出た。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第12戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 対照的に、ここで息を吹き返したのがフェルスタッペンだった。


26周目
フェルスタッペン:ここでピットインかも。
ランビアーゼ:了解だ、マックス。
フェルスタッペン:これから強く降るだろ?


 26周目。再び雨が降り始めた機会を逃さず、5番手のフェルスタッペンが真っ先にピットイン。インターに履き替えた。ノリスやハミルトンも1周後にあとを追ったが、フェルスタッペンはこれで3番手に上がった。その判断を、担当エンジニアのランビアーゼが賞賛した。


28周目
ランビアーゼ(→フェルスタッペン):いいコールだった。優勝争いに戻ったぞ
────────────────────
F1第12戦無線レビュー(2)に続く



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号