F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

イギリスで技術面の進歩を確認したフェラーリF1。ポーパシングの原因を掴むも、次戦は”現行マシン”で対処か

2024年7月11日

 フェラーリは、F1第10戦スペインGPでアップグレードを投入したが期待された結果を出せなかったため、SF-24の開発を軌道に戻すために極端な手段を取る可能性がある。


 第12戦イギリスGP終了後、シルバーストンでチーム代表のフレデリック・バスールは、3回のフリー走行セッションでシャルル・ルクレールのマシンにのみ投入されたアップグレードパッケージについて、チームは進歩を確認したと主張した。しかしまだやるべきことがあると認め、昨年のオランダGPの金曜日のように、初日の走行を犠牲にして調査を行うこともあり得ると示唆した。


「少なくとも技術的な面で、今週末は一歩前進した。我々は金曜日の朝よりも日曜日の夜の方が状況をよりよく理解しているし、このことはシーズンの終盤に向けて励みになると思う」


「確かに今日の結果は理想的ではないが、我々は主に今日よりも昨日の結果について妥協した。カルロス(・サインツ)は堅実なレースをし、最初のスティントでマックス(・フェルスタッペン)に追いつき、レース序盤でミディアムタイヤを履いてマックスのすぐ後ろで10周を走ることができた」


 しかし、サインツは週末の間ずっとイモラ仕様のフロアを装備したマシンをドライブしていた。そのため、バスールはスクーデリアが来たる第13戦ハンガリーGPでどのソリューションを採用するかまだ決めかねている。


「このことを決める前に、週末の詳細な分析を行わなければならないし、超高速コーナーなどでのポーパシングの観点から、シルバーストンははるかに攻撃的なコースだったという事実を考慮しなければならない。しかし、ブダペストについては議論して決定する時間を取れるだろう」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)&カルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第12戦イギリスGP レース序盤、カルロス・サインツ(フェラーリ)はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に追いついた


 新しいフロアは明らかにダウンフォースを増加させたが、悪名高いポーパシング現象も再発した。バスールはその理由について、次のように説明した。


「風洞ではポーパシングがないので、相関関係を見出すのが非常に難しい。我々はみな、測定基準を持っている。詳細には触れたくないが、全員が測定基準を持っている。あるパーツを使うと他のパーツよりもポーパシングが多くなるといったことが予想されるが、それがパフォーマンスに悪影響を与えるかどうかは別の話だ」


「これは空力の問題だ。なぜなら空力パーツのみを交換したところ、スペインでポーパシングが発生したからだ。これを修正する多くの解決策があるが、パフォーマンスを犠牲にする解決策もある。パフォーマンスを犠牲にしない解決策によって、新しいパッケージを開発することもできる。我々は今、その段階にいると思う」


「おそらく次のレースは、現在のマシンで対処しなければならない。早ければ早いほどいいが、ポーパシングの少ないアップグレードを投入することになるだろう」


「昨年もシーズンのほぼ同じ時期にまったく同じ状況に陥った。シルバーストン、ブダペスト、スパでだ。そしてザントフォールトで食い止めることができた。状況について徹底的な調査を行い、大きく調子を取り戻すことができた。数週間後には結果を出せたからだ」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第12戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 フェラーリは昨年のオランダGPの初日に丸一日の走行を犠牲にして調査を行ったため、ザントフォールトでのレース結果には悪影響が出た。だからこそ、バスールは次のように認識している。


「この状況で難しいのは、問題が起きたときにそれを修正したり、少なくとも理解したりするための適切なテストができないことだ。そして週末に多少のタイムを失うことが分かっている場合、チームとして金曜日のセッションを妥協したり犠牲にしたりすることは非常に難しいことだ。『よし、FP1とFP2のことは忘れて、中期的なことに集中しよう』などと言うことはね」


「信じてほしいが、チームとしてこうした決断をするのはとても困難なことだ。というのも週末が始まり、シルバーストンの天候はいっそう悪かったからだ。つまり我々は自分たちを厳しい状況に追い込んだわけだが、それは以前から分かっていたことだ。土曜日の朝はウエットタイヤだったため、状況はさらに悪化した。それが助けにならなかったのは確かだが、週末前に決断を下していたし、そうするのは正しい判断だったと思う」

フレデリック・バスール代表(フェラーリ)
2024年F1第12戦イギリスGP フレデリック・バスール代表(フェラーリ)



(Grandprix.com)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号